「なにもわからない」から相談OK!無料オンライン個別相談

フィリピン留学、費用の内訳と節約術を大公開!

フィリピン留学 費用の内訳と節約術を公開!

この記事を書いた人
野口 和輝
U-GAKU(ユーガク)代表

国内留学を創業したU-GAKU(ユーガク)の代表。過去のオーストラリア留学、フィリピン留学、7カ国15都市の海外渡航歴、過去の留学参加者の声などを踏まえ相談会のカウンセラーとして日々、最高の留学体験を提供するため奮闘中です! 2013年よりフィリピン留学の代理店を運営、フィリピンへの渡航歴は20回以上、今もフィリピンへ年2〜3回の渡航はもちろん沖縄北谷、ニセコへ行き常に最新情報をお届けしています。


 

留学したい人

安いとウワサのフィリピン留学って実際いくらするの…?
フィリピン留学の費用の内訳を知りたい!

こんな悩みに答えます。

結論からお伝えすると、フィリピン留学の費用は選ぶ語学学校によって異なりますが、期間が長ければ長いほど格安でお得です!

そこで今回は、フィリピン留学の費用を期間別でご紹介します!さらに、留学費用の節約術もご紹介するので、費用を抑えて損せずフィリピン留学したい人は、最後まで読み進めてみてください。

この記事の内容
フィリピン留学にかかる期間ごとの費用と内訳

フィリピン留学費用 節約術3選!

フィリピン留学 費用の安いおすすめ語学学校2選!

目次

フィリピン留学費用【期間ごとの目安】

まず、フィリピン留学の期間ごとの費用の目安をご紹介します!

留学期間 費用目安
1週間 15〜25万円
1ヶ月 25〜45万円
2ヶ月 45〜80万円
3ヶ月 55〜100万円
4ヶ月 70〜130万円
6ヶ月 100〜200万円
1年 200〜400万円

上記の費用目安は、留学費用に加えて渡航費や旅行保険も含んだ試算になります。留学費用は語学学校やカリキュラムによって変動するので、詳しくはそれぞれの語学学校のホームページからご確認ください。

1週間のフィリピン留学にかかる費用

1週間の留学は「ゴールデンウィーク」や「お盆」「年末年始」をなどの長期休暇を利用してくる社会人や親子に人気です。

フィリピンの語学学校では、フィリピンの祝日に授業が休みになることが多いので、1週間留学を選ぶ場合は、これらの期間を対象に短期留学のプランを持っている学校を選ぶことが重要です。

1週間のフィリピン留学にかかる費用例

  • 入学金(15,000円)
  • 学費+滞在費(80,000円)
  • 海外旅行保険(5,000円)
  • 航空券(50,000円〜70,000円)
  • SSP(15,000円)
  • 交通費(5,000円)※空港送迎費など
  • 通信費(1,000円)
  • 生活費(15,000円)※娯楽費・雑費含む
  • 総額:約200,000円
日本払い(出発前に支払う必要があるもの)
入学金 15,000円
学費・寮費 80,000円
海外旅行保険 5,000円
航空券 50,000円〜70,000円
現地払い
SSP 15,000円
学校以外にかかる費用
交通費 5,000円
通信費 1,000円
生活費 15,000円
合計:約200,000円

1週間留学の節約方法

1週間の留学では、期間が短いため語学学校の割引キャンペーンの適用対象外になるケースがほとんどです。

そのため、節約する方法としては以下の3つが挙げられます。

  • 大人数部屋を予約すること
  • 早めに航空券を予約すること
  • 海外旅行保険をクレジットカードの付帯保険にすること

1週間留学に関しては、こちらの記事でも詳しくご紹介しているので、費用やメリット・デメリットなどを詳しく知りたい方はご確認ください。
フィリピン留学の1週間にかかる費用とそのメリットについて紹介!

2週間のフィリピン留学費用

2週間の留学は、春休みや夏休みなどの長期休暇を利用してくる大学生・高校生・中学生に人気です。

1週間の留学とは異なり、週末を挟むことになるため、勉強だけでなく現地での観光やショッピングも堪能することができます。

2週間のフィリピン留学にかかる費用例

  • 入学金(15,000円)
  • 学費+滞在費(135,000円)
  • 海外旅行保険(8,000円)
  • 航空券(50,000円〜70,000円)
  • SSP(15,000円)
  • 交通費(7,500円)※空港送迎費など
  • 通信費(2,000円)
  • 生活費(25,000円)※娯楽費・雑費含む
  • 総額:約254,500円
日本払い(出発前に支払う必要があるもの)
入学金 15,000円
学費・寮費 135,000円
海外旅行保険 8,000円
航空券 50,000円〜70,000円
現地払い
SSP 15,000円
学校以外にかかる費用
交通費 7,500円
通信費 2,000円
生活費 25,000円
合計:約254,500円

2週間留学の節約方法

2週間の留学では、期間が短いため語学学校の割引キャンペーンの適用対象外になるケースがほとんどです。

そのため、節約する方法としては以下の3つが挙げられます。

  • 大人数部屋を予約すること
  • 早めに航空券を予約すること
  • 海外旅行保険をクレジットカードの付帯保険にすること

また、夏休みや春休みはフィリピン留学で1番の繁忙期であるため、半年前や1年前に予約枠が埋まってしまう学校も少なくありません。早めに予約することをおすすめします。

春休みや夏休みを利用してのフィリピン留学を検討されている方は、まずは無料のオンラインカウンセリングで話を聞いてみましょう。

1ヶ月のフィリピン留学費用

1ヶ月の留学は、春休みや夏休みなどの長期休暇を利用してくる大学生・高校生・中学生に最も人気の期間です。

フィリピンでは、30日以内の滞在の場合はビザの延長をする必要がないため、ビザの延長申請も不要で、費用を抑えることも可能です。

ワーホリ前の準備や長期留学前の準備としても非常に人気があります。

1ヶ月のフィリピン留学にかかる費用例

  • 入学金(15,000円)
  • 学費+滞在費(180,000円)
  • 海外旅行保険(20,000円)
  • 航空券(50,000円〜70,000円)
  • SSP(15,000円)
  • 交通費(10,000円)※空港送迎費など
  • 通信費(3,000円)
  • 生活費(50,000円)※娯楽費・雑費含む
  • 総額:約354,500円
日本払い(出発前に支払う必要があるもの)
入学金 15,000円
学費・寮費 180,000円
海外旅行保険 20,000円
航空券 50,000円〜70,000円
現地払い
SSP 15,000円
学校以外にかかる費用
交通費 10,000円
通信費 3,000円
生活費 50,000円
合計:約354,500円

1ヶ月留学の節約方法

1ヶ月間の留学では、語学学校によっては早期に予約することで早割などを利用することができるため、そういったキャンペーンをうまく利用していくことで費用を抑えることが可能です。

節約する方法としては以下の4つが挙げられます。

  • 語学学校の割引キャンペーンを利用する
  • 大人数部屋を予約すること
  • 早めに航空券を予約すること
  • 海外旅行保険をクレジットカードの付帯保険にすること

夏休みや春休みはフィリピン留学で1番の繁忙期であるため、半年前や1年前に予約枠が埋まってしまう学校も少なくありません。早めに予約することをおすすめします。

1ヶ月留学に関してはこちらの記事でメリット・デメリットや効果についてご紹介しているので、併せてご確認ください。
フィリピン留学は1ヶ月でも効果ある?

1ヶ月留学の効果目安

1ヶ月間の留学では、TOEICのスコアで言うと「100」程度のスコアアップを実現することができます。(※効果には個人差があります)

英語初心者で留学される方も、簡単な日常会話を問題なくすることができるくらいには上達させられるでしょう。

2ヶ月のフィリピン留学費用

2ヶ月の留学は、春休みや夏休みなどの長期休暇を利用してくる大学生や、ワーホリ・長期留学前の準備として利用される方、キャリアアップを目指す社会人などに人気で、幅広い活用法があります。

2ヶ月のフィリピン留学にかかる費用例

  • 入学金(15,000円)
  • 学費+滞在費(350,000円)
  • 海外旅行保険(40,000円)
  • 航空券(50,000円〜70,000円)
  • SSP(15,000円)
  • ビザ延長費(7,000円)※31日目からの観光ビザの延長費用がかかります
  • 交通費(15,000円)※空港送迎費など
  • 通信費(5,000円)
  • 生活費(110,000円)※娯楽費・雑費含む
  • 総額:約354,500円
日本払い(出発前に支払う必要があるもの)
入学金 15,000円
学費・寮費 350,000円
海外旅行保険 40,000円
航空券 50,000円〜70,000円
現地払い
SSP 15,000円
ビザ延長費 7,000円
学校以外にかかる費用
交通費 15,000円
通信費 5,000円
生活費 110,000円
合計:約585,000円

2ヶ月留学の節約方法

2ヶ月間の留学では、語学学校によっては早期に予約することで早割などを利用することができるため、そういったキャンペーンをうまく利用していくことで費用を抑えることが可能です。

節約する方法としては以下の5つが挙げられます。

  • 語学学校の割引キャンペーンを利用する
  • 大人数部屋を予約すること
  • 早めに航空券を予約すること
  • 海外旅行保険をクレジットカードの付帯保険にすること
  • 娯楽費・生活費を工夫して抑えること

2ヶ月間の場合は、勉強面でも娯楽面でも十分に時間があるため、日々の生活の中で工面することが重要になります。

語学学校のスタッフや現地の信頼できる情報を頼りに、交通手段や食費を工夫していきましょう。

2ヶ月留学に関してはこちらの記事でメリット・デメリットや効果についてご紹介しているので、併せてご確認ください。
2ヶ月のフィリピン留学の費用と効果は?メリット&デメリットも公開!

2ヶ月留学の効果目安

2ヶ月間の留学では、期間が比較的長いことから、授業でマンネリ化しないことが重要です。2ヶ月とは言え、時間はあっという間に過ぎ去ります。

目標を日々意識して、1日1日の授業を大切に受け、授業以外の時間でも積極的に英語で自分から話すことが重要です。

2ヶ月あれば、上記を意識すれば日常で使う英語はスラスラ発話できるようになります。

3ヶ月のフィリピン留学費用

3ヶ月の留学は、休学期間や卒業までの余裕ある時間活用してくる大学生や、ワーホリ・長期留学を控えている方、キャリアアップを目指す社会人、海外の大学への進学を目指してスコアアップを目指している方に人気で、さまざまな活用法があります。

3ヶ月のフィリピン留学にかかる費用例

  • 入学金(15,000円)
  • 学費+滞在費(530,000円)
  • 海外旅行保険(60,000円)
  • 航空券(50,000円〜70,000円)
  • SSP(15,000円)
  • ビザ延長費(25,000円)
  • ACR I-Card(9,000円)※60日以上滞在者が取得すべき外国人登録証費用
  • 交通費(20,000円)※空港送迎費など
  • 通信費(9,000円)
  • 生活費(150,000円)※娯楽費・雑費含む
  • 総額:約894,000円
日本払い(出発前に支払う必要があるもの)
入学金 15,000円
学費・寮費 530,000円
海外旅行保険 60,000円
航空券 50,000円〜70,000円
現地払い
SSP 15,000円
ビザ延長費 25,000円
ACR I-Card 9,000円
学校以外にかかる費用
交通費 20,000円
通信費 9,000円
生活費 150,000円
合計:約874,000円

3ヶ月留学の節約方法

3ヶ月間の留学では、語学学校によっては早期に予約することで利用できる早割や、長期間の滞在による割引などを利用することができる可能性があるため、そういったキャンペーンをうまく利用していくことで費用を抑えることも可能です。

節約する方法としては以下の4つが挙げられます。

  • 語学学校の割引キャンペーンを利用する
  • 大人数部屋を予約すること
  • 早めに航空券を予約すること
  • 海外旅行保険をクレジットカードの付帯保険にすること
  • 娯楽費・生活費を工夫して抑えること

3ヶ月間の場合は、勉強面でも娯楽面でも十分に時間があるため、日々の生活の中で工面することが重要になります。

語学学校のスタッフや現地の信頼できる情報を頼りに、交通手段や食費を工夫していきましょう。

2ヶ月留学に関してはこちらの記事でメリット・デメリットや効果についてご紹介しているので、併せてご確認ください。
フィリピン留学の3ヶ月の費用は??安く抑えるコツと内訳も詳しくご紹介!

3ヶ月留学の効果目安

3ヶ月間の留学では、授業で講師の話す内容が8割程度は理解できるようになります。また、TOEICやTOEFLのなどの試験対策を学ぶのであれば、3ヶ月だと十分スコアアップが見込めます。

しっかりと目標設定をし、新しいフレーズや表現を覚えて積極的にアウトプットしていくことで、自己実現に繋げていきましょう。

4ヶ月のフィリピン留学費用

4ヶ月の留学は、休学期間や卒業までの余裕ある時間活用してくる大学生や、ワーホリ・長期留学を控えている方、キャリアアップを目指す社会人、海外の大学への進学を目指してスコアアップを目指している方に人気で、さまざまな活用法があります。

4ヶ月のフィリピン留学にかかる費用例

  • 入学金(15,000円)
  • 学費+滞在費(700,000円)
  • 海外旅行保険(80,000円)
  • 航空券(50,000円〜70,000円)
  • SSP(15,000円)
  • ビザ延長費(32,000円)
  • ACR-Iカード発給費(9,000円)
  • 交通費(20,000円)※空港送迎費など
  • 通信費(10,000円)
  • 生活費(180,000円)※娯楽費・雑費含む
  • 総額:約894,000円
日本払い(出発前に支払う必要があるもの)
入学金 15,000円
学費・寮費 700,000円
海外旅行保険 80,000円
航空券 50,000円〜70,000円
現地払い
SSP 15,000円
ビザ延長費 32,000円
ACR I-Card 9,000円
学校以外にかかる費用
交通費 20,000円
通信費 10,000円
生活費 180,000円
合計:約1,102,200円

4ヶ月留学の節約方法

4ヶ月間の留学では、語学学校によっては早期に予約することで利用できる早割や、長期間の滞在による割引などを利用することができる可能性があるため、そういったキャンペーンをうまく利用していくことで費用を抑えることも可能です。

節約する方法としては以下の5つが挙げられます。

  • 語学学校の割引キャンペーンを利用する
  • 大人数部屋を予約すること
  • 早めに航空券を予約すること
  • 海外旅行保険をクレジットカードの付帯保険にすること
  • 娯楽費・生活費を工夫して抑えること

4ヶ月間の場合は、勉強面でも娯楽面でも十分に時間があるため、日々の生活の中で工面することが重要になります。

語学学校のスタッフや現地の信頼できる情報を頼りに、交通手段や食費を工夫していきましょう。

4ヶ月留学に関してはこちらの記事でメリット・デメリットや効果についてご紹介しているので、併せてご確認ください。
フィリピン留学4ヶ月で英語力は上達する?徹底解説!

4ヶ月留学の効果目安

4ヶ月間の留学では、語学力はかなり上達します。英語初心者でも、買い物や海外旅行で困らないくらいの英語力は身につき、フィリピン人講師や他の留学生との日常会話は楽しめるくらいの力はつくでしょう。

1ヶ月は、授業についていくこと、環境に慣れるのに必死ですが、2〜3ヶ月目あたりからだんだん慣れてきて残りの留学期間でTOEICやIELTSの試験対策に注力でき、4ヶ月では日常会話にも自信が持てるようになります。

5ヶ月のフィリピン留学費用

5ヶ月の留学は、休学期間や卒業までの余裕ある時間活用してくる大学生や、ワーホリ・長期留学を控えている方、キャリアアップを目指す社会人、海外の大学への進学を目指してスコアアップを目指している方に人気で、さまざまな活用法があります。

5ヶ月のフィリピン留学にかかる費用例

  • 入学金(15,000円)
  • 学費+滞在費(1,200,000円)
  • 海外旅行保険(95,000円)
  • 航空券(50,000円〜70,000円)
  • SSP(15,000円)
  • ビザ延長費(42,000円)
  • ACR-Iカード発給費(9,000円)
  • 交通費(20,000円)※空港送迎費など
  • 通信費(12,000円)
  • 生活費(200,000円)※娯楽費・雑費含む
  • 総額:約894,000円
日本払い(出発前に支払う必要があるもの)
入学金 15,000円
学費・寮費 900,000円
海外旅行保険 95,000円
航空券 50,000円〜70,000円
現地払い
SSP 15,000円
ビザ延長費 42,000円
ACR I-Card 9,000円
学校以外にかかる費用
交通費 20,000円
通信費 12,000円
生活費 200,000円
合計:約1,263,500円

5ヶ月留学の節約方法

5ヶ月間の留学では、語学学校によっては早期に予約することで利用できる早割や、長期間の滞在による割引などを利用することができる可能性があるため、そういったキャンペーンをうまく利用していくことで費用を抑えることも可能です。

節約する方法としては以下の5つが挙げられます。

  • 語学学校の割引キャンペーンを利用する
  • 大人数部屋を予約すること
  • 早めに航空券を予約すること
  • 海外旅行保険をクレジットカードの付帯保険にすること
  • 娯楽費・生活費を工夫して抑えること

5ヶ月間の場合は、勉強面でも娯楽面でも十分に時間があるため、日々の生活の中で工面することが重要になります。

語学学校のスタッフや現地の信頼できる情報を頼りに、交通手段や食費を工夫していきましょう。

5ヶ月留学の効果目安

5ヶ月間の留学では、英語力や海外での生活力がかなり向上する他、近隣諸国やフィリピン国内での旅行を十分に楽しめる語学力も身につけることができます。

目標に合わせた学校での学習のみならず、アクティビティや現地での生活でも目標を持ち、積極的に英語を活用することで、人生観を大きく変えることも可能です。

そのため、5ヶ月などの長期間でフィリピン留学を検討されている方は、自分に合った語学学校選びや目標設定が非常に重要です。まずは無料のオンラインカウンセリングで話を聞いてみましょう。

6ヶ月のフィリピン留学費用

6ヶ月の留学は、休学期間や卒業までの余裕ある時間活用してくる大学生や、ワーホリ・長期留学を控えている方、キャリアアップを目指す社会人、海外の大学への進学を目指してスコアアップを目指している方に人気です。

看護師や保育士の資格を持った方による看護師留学保育士留学や、語学留学のあとにインターンシップを行うインターンシップ留学など長期間の留学だとプログラムの幅も広がり、さまざまな選択肢があるのが特徴です。

6ヶ月のフィリピン留学にかかる費用例

  • 入学金(15,000円)
  • 学費+滞在費(1,200,000円)
  • 海外旅行保険(110,000円)
  • 航空券(50,000円〜70,000円)
  • SSP(15,000円)
  • ビザ延長費(52,000円)
  • ACR-Iカード発給費(9,000円)
  • 交通費(25,000円)※空港送迎費など
  • 通信費(15,000円)
  • 生活費(240,000円)※娯楽費・雑費含む
  • 総額:約894,000円
日本払い(出発前に支払う必要があるもの)
入学金 15,000円
学費・寮費 1,200,000円
海外旅行保険 110,000円
航空券 50,000円〜70,000円
現地払い
SSP 15,000円
ビザ延長費 52,000円
ACR I-Card 9,000円
学校以外にかかる費用
交通費 25,000円
通信費 15,000円
生活費 200,000円
合計:約1,691,000円

6ヶ月留学の節約方法

6ヶ月間の留学では、語学学校によっては早期に予約することで利用できる早割や、長期間の滞在による割引などを利用することができる可能性があるため、そういったキャンペーンをうまく利用していくことで費用を抑えることも可能です。

節約する方法としては以下の5つが挙げられます。

  • 語学学校の割引キャンペーンを利用する
  • 大人数部屋を予約すること
  • 早めに航空券を予約すること
  • 海外旅行保険をクレジットカードの付帯保険にすること
  • 娯楽費・生活費を工夫して抑えること

6ヶ月間の場合は、勉強面でも娯楽面でも十分に時間があるため、日々の生活の中で工面することが重要になります。

語学学校のスタッフや現地の信頼できる情報を頼りに、交通手段や食費を工夫していきましょう。

6ヶ月留学に関してはこちらの記事でメリット・デメリットや効果についてご紹介しているので、併せてご確認ください。
フィリピン留学の6ヶ月の費用と内訳を教えちゃいます!

6ヶ月留学の効果目安

6ヶ月間の留学では、努力次第では英語初心者でも海外でも通用するレベルの英語力を習得することができます。

目標に合わせた学校での学習のみならず、アクティビティや現地での生活でも目標を持ち、積極的に英語を活用することで、人生観を大きく変えることも可能です。

そのため、6ヶ月などの長期間でフィリピン留学を検討されている方は、自分に合った語学学校選びや目標設定が非常に重要です。

まずは無料のオンラインカウンセリングで話を聞いてみましょう。

1年のフィリピン留学費用

1年の留学は、休学期間や卒業までの余裕ある時間活用してくる大学生や、ワーホリ・長期留学を控えている方、キャリアアップを目指す社会人、海外の大学への進学を目指してスコアアップを目指している方に人気で、さまざまな活用法があります。

1年のフィリピン留学にかかる費用例

  • 入学金(15,000円)
  • 学費+滞在費(2,100,000円)
  • 海外旅行保険(240,000円)
  • 航空券(50,000円〜70,000円)
  • SSP(32,000円)
  • ビザ延長費(100,000円)
  • ACR-Iカード発給費(9,000円)
  • 交通費(40,000円)※空港送迎費など
  • 通信費(30,000円)
  • 生活費(500,000円)※娯楽費・雑費含む
  • 総額:約894,000円
日本払い(出発前に支払う必要があるもの)
入学金 15,000円
学費・寮費 2,100,000円
海外旅行保険 240,000円
航空券 50,000円〜70,000円
現地払い
SSP 32,000円
ビザ延長費 100,000円
ACR I-Card 9,000円
◯学校以外にかかる費用
交通費 40,000円
通信費 30,000円
生活費 500,000円
合計:約3,116,000円

1年留学の節約方法

1年間の留学では、語学学校によっては早期に予約することで利用できる早割や、長期間の滞在による割引などを利用することができる可能性があるため、そういったキャンペーンをうまく利用していくことで費用を抑えることも可能です。

節約する方法としては以下の4つが挙げられます。

  • 語学学校の割引キャンペーンを利用する
  • 大人数部屋を予約すること
  • 早めに航空券を予約すること
  • 海外旅行保険をクレジットカードの付帯保険にすること
  • 娯楽費・生活費を工夫して抑えること

1年間の場合は、勉強面でも娯楽面でも十分に時間があるため、日々の生活の中で工面することが重要になります。

語学学校のスタッフや現地の信頼できる情報を頼りに、交通手段や食費を工夫していきましょう。

1年留学に関してはこちらの記事でメリット・デメリットや効果についてご紹介しているので、併せてご確認ください。
フィリピン留学1年の費用は??安く抑えるコツと内訳も詳しくご紹介!

1年留学の効果目安

1年間のフィリピン留学では、英語は「学ぶ」ものから「使う」ものへと変化していきます。

  • 英語圏留学でも通用するスピーキング力が身につく
  • 英語で本や論文が読めるようになってくる
  • 専門分野について英語で話せるようになってくる

発音を強化することで、ネイティブ英語に近づくことも可能です。授業でも積極的に提案して、カスタマイズしていきましょう。

留学費用は何によって変わるのか?

ここまで、期間ごとのフィリピン留学の費用をご紹介しました!しかし、期間以外にも費用が変化するポイントがあります。

ここでは、何によって留学費用が変わるのかについて、以下の4つをご紹介します。

①部屋のタイプ
②コース・プログラム
③娯楽費
④生活費

①部屋のタイプ

部屋のタイプは1人部屋から、大きな学校では6人部屋まで存在します。また、学校によっては部屋のグレードが存在する学校もあります。

部屋によって異なる留学費用の差は1ヶ月で10万円ほどになることも。

費用を安く抑えたい場合や、一人部屋がいいなどの希望がある場合は、なるべく早く相談して空室を確認する必要があります。

フィリピン留学の部屋のタイプに関しては、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、それぞれのメリットデメリットが気になる方はご確認ください。
フィリピン留学は何人部屋がおすすめ?各メリット・デメリットを徹底解説!

②コース・プログラム

フィリピン留学には多彩なプログラムが存在します。基本的な英会話を学ぶコースから、専門的な英語を学ぶコースまでさまざまです。

また、授業はマンツーマンとグループクラスがあり、その組み合わせによっても費用が変化します。

③娯楽費

娯楽費用はどのくらいかけるかと、どのように娯楽を楽しむかによって異なります。

娯楽も楽しみたい方は、比較的外出規則のゆるい学校を選ぶ必要があり、娯楽にかける時間が多い分娯楽費用は増します。

また、多くの語学学校では週末のアクティビティも旅行会社とタッグを組むことによりきかくしていますが、そのようなツアーに参加する場合は、自分で観光するよりも費用が高くなることがあります。

語学学校によってはこのアクティビティ費用が高額なこともあるので、自分のいく学校がどのようなアクティビティを提供しているかや、その費用について事前に確認しておくことをお勧めします。

④生活費

生活費は、学校の住環境によって異なります。

食費が滞在費とセットになっている場合は、食費がかからずにすみます。

また、学校によってはジムやプールまで備え付けられており、これらを活用して学校での時間を充実させると生活費は抑えられることができます。

そのため、少しでも費用を抑えて留学したい方は自分のいく学校がどのような住環境かを確認しておくことが重要です。

フィリピン留学費用 節約術5選!

フィリピン留学は他の国と比較すると、物価が安いためトータルの留学費用が抑えられると言われています。しかし、アクティビティや食事などにこだわると、費用がどうしても高くなってしまうのも事実です。

そこで、抑えられるところは抑えるために、これから節約術を紹介します!できる限り安く留学したい人には必見です。

①複数人部屋を選ぶ!

フィリピンの語学学校の多くは、滞在費が学費に含まれていますが、その滞在費は部屋のタイプによって料金に差が出ることが一般的です。

複数人部屋は、一人部屋に比べると費用が安く設定されています。そのため、費用を抑えたい方は複数人部屋を選択しましょう。

フィリピン留学の部屋のタイプに関してはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、それぞれのメリットデメリットが気になる方はご確認ください。
フィリピン留学は何人部屋がおすすめ?各メリット・デメリットを徹底解説!

②シーズンを避けて渡航する!

年末年始やGW、7月〜9月の夏休みは留学費用・航空券代ともに高くなります。そのため、これらの繁忙期を避けるとトータルの留学費用もかなり抑えることができます。

③早めに予約する!

繁忙期を避けることがベストではありますが、とはいっても閑散期には行けないという学生などにおすすめの方法として、早めに予約することがあげられます。

早期の予約により早割などで留学の値段を抑えられるほか、航空券も早ければ早いほどお得に予約することができます。

④LCCをする

フィリピンへの渡航費は、往復で4万円〜と非常に格安です。しかし、航空会社や時期によっては大きく値段が変動するため、15万円以上かかってしまう場合があります。

そのため、格安航空を利用すると費用が抑えられるので、費用を抑えたい方はLCCを利用しましょう。

フィリピン留学の航空券選びに関してはこちらの記事でも詳しくご紹介しているので、安く入手したい方やおすすめの航空会社を知りたい方はご確認ください。
フィリピン留学の航空券購入のススメ!注意点やおすすめの航空会社をご紹介

⑤海外旅行保険の費用を抑える

海外旅行保険には、以下の二つの種類があります!

  • クレジットカードの付帯保険
  • 海外旅行保険

フィリピン留学の海外旅行保険の平均的な費用は、1ヶ月あたり1.5~3万円、1年間で20万円前後とされています。保険の加入は義務ではありませんが、慣れない土地でのリスクを考慮すると、海外旅行保険に加入することを強くおすすめします。

一方で、海外旅行保険には高額なお金がかかるのも事実です。クレジットカードの付帯保険の場合、基本的には追加で保険の費用を支払う必要はありません。

しかし、利用する際は注意が必要です。クレジットカードの付帯保険には、自動で適用されるタイプと、特定の支払いをした際にのみ適用されるタイプが存在します。

また、補償内容や金額はカードの種類や会社によって異なります。そのため、補償内容や保険利用に関しては、各カード会社に事前に確認することが重要です。

フィリピン留学の保険に関してはこちらの記事でも紹介しているので、おすすめの保険について知りたい方はご確認ください。
フィリピン留学の保険おすすめ5選【失敗しない選び方】

フィリピン留学 費用の安いおすすめ語学学校2選!

これまで述べた通り、フィリピン留学の費用は通う学校によって大きく異なります。

そこで、できるだけ費用を抑えたい方におすすめの語学学校を2つ紹介します。

①QQ English

QQ Englishは日系の語学学校であるため、留学費用が安いことで人気の学校です。セブ島で安全なエリアに立地しており、日本人スタッフも在中しているため安心して留学できます。

②Cebu Way English

Cebu Way Englishも日系の語学学校で、日本人留学生に非常に人気の学校です。自社運営のプログラムや施設を提供しているため、費用を抑えて留学することができます。中高生の生徒も受け入れている珍しい語学学校なため、中高生からも非常に人気です。

気になる方は、無料のオンラインカウンセリングでまずは話を聞いてみましょう。

費用を抑えて賢く留学しよう!

ここまで説明したように、フィリピン留学の費用は選ぶ語学学校によって異なりますが、他の国と比較すると超格安で留学することができます。

しかし費用の内訳はかなり多くて細かいため、それぞれについて事前にきちんと確認しておくことが重要です。

フィリピン留学に興味がある方は、それぞれの費用をしっかり理解し、海外での夢を叶えてくださいね!!

フィリピン留学の費用についてはだいたい理解したけど、

どこの語学学校を選んだらよいか、わからない…
費用はできるだけ安くしたい
授業以外でも英語を使える環境で英語力をUPさせたい!

そんな方へのオススメは、Cebu Way Englishです!

<Cebu Way Englishのここがおすすめ!>
  • 小学生から大人まで、さまざまな世代の留学生がいる。
  • インターンシップ留学看護師留学保育士留学など、多様なプログラムがあり、カスタマイズ可能
  • 4週間以上の生徒は、サウナに入り放題!
  • フィリピン人の先生も施設に滞在しているため、日常的に英語を使って伸ばせる!

Cebu Way Englishではエージェントを介さない運営により、業界最安値で一貫したサポートを行なっているため、留学前の準備から緊急時の対応まで、非常に評判が良い語学学校です。

Cebu Way Englishでの留学が少しでも気になる方は、まずは無料のオンライン面談にてお問い合わせください!

でも、やっぱりまだ自分の英語力が不安…
フィリピン留学の注意点はしっかり押さえたけど、まだ海外は治安が不安でハードルが高い。
だけど、英語環境で英語を学びたい!

そんな方には、U-GAKUの国内留学がオススメです!

U-GAKUは、北海道のニセコ町と沖縄県の北谷町で国内留学を開催しています。どちらの地域も、ネイティブが多く住んでおり、外に出ればどこもかしこも外国人だらけ!まるで日本ではないような雰囲気を味わうことができます…!

また、レベル別で少人数でのグループに分かれて学習ができるため、個人の英語力に合わせて効率よく上達できるのが魅力です!
国内留学なら治安の心配もなく、安心、集中して英語学習に取り組めますね!

国内留学U-GAKUについて少しでも興味がある方は、無料のオンライン面談にてお気軽にお問い合わせください!

この記事を書いた人
野口 和輝
U-GAKU(ユーガク)代表

国内留学を創業したU-GAKU(ユーガク)の代表。過去のオーストラリア留学、フィリピン留学、7カ国15都市の海外渡航歴、過去の留学参加者の声などを踏まえ相談会のカウンセラーとして日々、最高の留学体験を提供するため奮闘中です! 2013年よりフィリピン留学の代理店を運営、フィリピンへの渡航歴は20回以上、今もフィリピンへ年2〜3回の渡航はもちろん沖縄北谷、ニセコへ行き常に最新情報をお届けしています。