「なにもわからない」から相談OK!無料オンライン個別相談

フィリピン留学の3ヶ月の費用は??安く抑えるコツと内訳も詳しくご紹介!

フィリピン留学の3ヶ月の費用は?安く抑えるコツも紹介

この記事を書いた人
野口 和輝
U-GAKU(ユーガク)代表

国内留学を創業したU-GAKU(ユーガク)の代表。過去のオーストラリア留学、フィリピン留学、7カ国15都市の海外渡航歴、過去の留学参加者の声などを踏まえ相談会のカウンセラーとして日々、最高の留学体験を提供するため奮闘中です! 2013年よりフィリピン留学の代理店を運営、フィリピンへの渡航歴は20回以上、今もフィリピンへ年2〜3回の渡航はもちろん沖縄北谷、ニセコへ行き常に最新情報をお届けしています。


 

留学したい人

3ヶ月のフィリピン留学の費用っていくらぐらい?
全くイメージがつかない・・・
留学費用の内訳も知りたい!

こんな悩みに答えます。

結論から言うと、フィリピンは学校数も多く正確な金額は出しづらいです。
しかし、大体の相場で言うと約88万円です!

この記事では、フィリピン留学3ヶ月の大体の相場や費用の内訳、費用をできるだけ減らしたい方必見の節約ポイントなど紹介していくので少しでも気になる方は最後まで読み進めてください。

この記事の内容
フィリピン留学3ヶ月の費用の内訳
フィリピン留学の費用を減らしたい!節約ポイント4選!
フィリピン留学のメリット&デメリット

フィリピン留学3ヶ月の費用の内訳大公開!

ズバリ!結論からお伝えしますと、フィリピン留学3ヶ月の費用は、約88万円です!!!
1ヶ月の費用は約35万円、2ヶ月の費用は約60万円ですので3ヶ月だと割安になります。

では、それぞれの内訳を詳しく見ていきましょう!

渡航費(約17万円)

航空券
約5~7万円

日本からフィリピンへは、日本の主要空港から直行便が就航しています。
お盆やゴールデンウィークなどの繁忙期になると航空券が10万円程になる場合もあるのでなるべく費用を抑えたい方は、ハイシーズンは避けた留学をオススメします!

海外旅行保険
約8万円

フィリピンでは、病気やケガトラブルに見舞われることがあります。
留学生でも慣れない地で体調を壊してしまう方は少なくありません。
もしもの時に十分な医療機関の対応を受けるために、海外旅行保険には必ず加入してください!
会社やプラン(保証内容)にもよりますが、だいたい3ヶ月平均で8万円ほどです。

ビザ申請費
約2.5万円

日本人がフィリピンに3ヶ月以上滞在する場合、現地到着後にビザの申請をしなければいけません。
ビザの更新は1ヶ月ごとに設定され、3ヶ月の留学では2度ビザの更新が必要です。
更新費用は、1度目に3,030PHP(約7千円)、2度目に4,300PHP(10,320円)かかり、更新費用は合計で1,8万円ほどになります。

 

学費(約53万円)

授業料・滞在費・食費
約53万円

フィリピンの語学学校のほとんどは、学費に滞在費と食費を含んでいます。
滞在する部屋タイプは、寮の一人部屋・寮の複数人部屋・ホテル・コンドミニアムなどタイプによって費用は異なります。
コマ数やマンツーマンレッスンの比率は授業料に大きく影響する要素になるので、自分の希望に合わせて適切な授業コースを選ぶようにしましょう!

多くの学校で授業料の中に1日3食分の食費も含まれています。

学校によっては水道費や光熱費を別途請求する所や、食事の提供が1日2回のみ・週末は無しの所もあるので事前の確認が必要です!

現地生活費(約17,5万円)

娯楽費
約12万円

留学中の娯楽費は、個人の観光スタイルによって大きく異なります。

行や外食、買い物の機会が多くなればその分出費が多くなります。
2ヶ月あたりから留学に慣れてくると、だんだんとお金の使い方も自分で工夫できるようになると思います。
日本と比較すると物価の安いフィリピンですが、ショッピングセンターや観光客が多く集まるエリアでは日本とさほど変わらない料金を設定するお店も少なくありません。
観光気分でいると、ついついお金を使いすぎてしまうので計画的な出費を心がけましょう!

雑費
約3万円

留学中には、生活用品や衣類の購入などで雑費も発生します。
滞在先で使うシャンプーやボディソープ、歯磨き粉。文房具なども現地で購入することがあるかもしれません。
また、現地到着後にTシャツなどの衣類も購入するかもしれませんし、その分も予算に入れておきたいですね。
雑費として多少の費用がかかることを想定しておくとよいです!

交通費
約1,5万円

フィリピンでは、日本と比べてかなり交通費が安いです
ジプニーやトライシクルはとても安くフィリピン人も気軽に利用しますが、料金が安い反面事件などに巻き込まれる可能性も少なくありません。
盗などの被害にも合いやすいため、より安全に移動したい生徒の方はタクシーの移動となるでしょう。

携帯通信費
約9000円

海外での生活で気になるのは携帯電話の通信費ではないでしょうか?
学校やカフェなどでWi-Fiを利用する場合には、基本的に通信費は発生しませんが、通信できる状況が限られ、かつ接続が安定しない可能性があります。
快適にネットを利用したい人には、フィリピンのSIMカードを利用して通信することがおすすめ

 

フィリピン留学中の費用を減らしたい!とっておきの節約ポイント5選!

フィリピン留学の3ヶ月の費用が、意外と高いな~~~と思った方もいるのではないでしょうか?

逆に、意外と安い!!けどもう少し節約できそう!と思った方もいるかもしれません!
ここからは、少しでも留学の費用を抑えるための節約ポイントを5つご紹介していきます!

①授業数を減らす

まず大きく費用を抑えたいなら、授業を減らすという選択肢があります。

フィリピンの場合、多くの学校で複数の授業数でのコースを用意しているので、予算に合わない場合は想定していた授業数から何コマか減らしたコースを受講することで授業数を抑えられます。
注意点としては、授業数を減らした分、勉強時間が減るということです。

減った分自習に充てて英語力を向上させられるというのであれば話は別ですが、授業じゃないと集中できないというのであれば、授業数は減らさないほうが無難でしょう。

②滞在先を複数人数に変更する

滞在先を複数人数部屋に変更することも費用を抑えるポイントとなります。
フィリピン留学では、多くの場合寮、あるいはホテルの1人部屋、2人部屋、3人部屋など人数が増えていくほど安くなっていく傾向があります。

注意点としては、複数人部屋が必ずしも全ての人に良い選択肢とは限らないことです。

人によっては自分の部屋で他人が生活しているのがストレスに感じてしまうこともあり、ムリして複数人数で生活していてもストレスが溜まってしまいます。
ことによっては体調を崩したりもしかねないため滞在先は自分がどのような状態なら快適に生活できるかをもとに選びましょう!

③学校の食事やウォーターサーバーをフル活用

節約とは異なりますが、学校で食事をしていると外食のついでに何かを買うということがないので、お金を使う機会が格段に減ります。
学校のウォーターサーバーを使えば外出の手間も省けるうえに、水のお金が浮くので他の事にお金を使うことができます!

④航空券をできるだけ早めにとる

航空券は、渡航する直前であればあるほど高くなる傾向があります。
渡航が決まり次第すぐにでも購入することをオススメします!

ただし、万が一購入後にキャンセルしてしまうとキャンセル料がかかってしまうので日時が未定の場合には焦りは禁物です!
基本は、搭乗予定日3ヶ月前を目安とした早めの購入がオススメです!

⑤休日もあまり遊ばず勉強に集中する

現地生活を抑えたいなら、休日もなるべく勉強などを行い出費を抑えるという手段もあります。

フィリピンでは物価が日本と比べて安く、気軽に買い物ができる分、思ったより使いすぎてしまう結果としてかなり出費をしてしまったということもあります。
娯楽費を抑えたい方はなるべく外出を避け、お土産の購入も最小限にする必要があります。

しかし!せっかく留学に来たからには観光も楽しみたいですよね。抑えられる費用も他の節約ポイントと比べると少ないため、他の項目とも比べながら調整してみてください!

3ヶ月のフィリピン留学で得られる効果は?

3ヶ月の留学費用は大体理解したけど、そもそもフィリピン留学3ヶ月の効果ってどのぐらいだろう?と思った人も多いのではないでしょうか?
3ヶ月の留学で一番実感する効果は、英語を話すことへのためらいがなくなることです。

正直に言うと、3ヶ月の留学で英語力を大幅にアップさせることは出来ません。ただし、毎日生きた英語を聞いて、それに答える体験を続けると、英語を話すことへのためらいがなくなります!

加えて、日常会話の基本的な部分もマスターできるようになります。

さらに英語を話す度胸もついているので、どんどん新しいフレーズや表現を覚えていく期間に突入できます。
3ヶ月もあれば、さらに英語力に磨きがかかるでしょう!

フィリピン留学中3ヶ月のメリット

続いて、フィリピン留学3ヶ月間のメリットのご紹介です。

丸々3ヶ月英語漬けの日々を過ごせる

3ヶ月間、毎日英語に触れることができる環境を日本で作ることは難しいと思います。
また、英語圏の留学の場合、お昼過ぎ頃にクラスが終わることが多いので結局学校で仲良くなった日本人と一緒に遊んでしまったりと、、、
そういう流れになってしまう日本人の生徒さんも少なくはありません。
それに比べて、食事・洗濯・掃除・寮は全てスタッフが用意してくれますし、授業も朝から夕方遅くまでみっちりとあります!

ですので、フィリピン留学は圧倒的に「英語学習」ができる環境が整っていると言えますね!

格安費用で留学出来る

留学と聞くと、費用が高いイメージはありませんか?
しかし!!フィリピン留学なら安くて、近くて、マンツーマン授業をみっちり受けることができます!
学校によっても異なりますが、アメリカ留学などと比べても費用はかなり格安で留学することが可能です。

さらに、フィリピン留学ならその費用で、朝から夕方遅くまで英語の授業を受けながら部屋の掃除や朝昼晩の食事までも用意されているので単純に食事代が節約できるということになります。

講師の話す内容が理解できるレベルに

英語力の伸びしろに個人差はありますが、3ヶ月である程度の英語力のアップは期待できます!

英語初級者が3ヶ月の一般英語を目的とした留学をした場合、授業で講師の話す内容が8割程理解出来るようになります。
また、TOEICやTOEFLのなどの試験対策を学ぶのであれば、3ヶ月の短期留学でスコアアップが見込めます。
試験対策に特化した学校もあるので、短期間でも効率よく結果を出すことができそうですね!

フィリピン留学3ヶ月のデメリット

メリットがあれば、もちろんデメリットも存在します!
こちらも要チェックです!

英語学習に慣れてきたところで帰国

3ヶ月で講師の話している英語はだいたい理解出来るようになり、自分の思っていることも英語で伝えられるようになってきます。
これからワーホリに行かれる方にとっては現地で生活できるレベルですが、英語面接や深入りした話を理解するのはまだまだ難しいです。
3ヶ月で講師とコミュニケーションが取れるようになり、留学中に外国人や他の国の留学生とも話せるようになってきて英語が一番楽しくなってきている時期です!

英語を話せるようになった!と胸を張って帰れるほどの自信はないけど。。。
といったタイミングでの帰国となってしまうでしょう。

まとまった休みがないと3ヶ月間の留学ができない

社会人は特に、数ヶ月のまとまった休みをとることは難しいと思います。
フィリピン留学に来ている社会人は、転職のタイミングで来る方が多いです。
中には、会社の派遣で来られる方もいますが限定的になってしまいます。

学生の場合も、一年間の休学をしなければ3か月間の留学は難しいのではないでしょうか??

まとめ

さて今回は、フィリピン留学3ヶ月の費用について詳しく紹介してきました!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

いかがでしたでしょうか?

欧米圏への留学より費用は安いイメージはつくけど、ざっとどれぐらい必要かイメージできなかった方には参考になったのではないでしょうか?

もちろん、大体の値段ですので、航空券を買うタイミングや娯楽費によっては相場が上がったり下がったりします。地域や学校によってはもちろん、受講コースや滞在先、滞在部屋の人数でも価格は大きく変わってきます。

少しでも費用を抑えたい!!!と思う方がほとんどだと思います!
自分に合ったプランを見つけつつ、費用も抑えて留学ができますように!

フィリピン留学3ヶ月の費用についてはだいたい理解したけど、

・どこの語学学校を選んだらよいか、わからない
・できればいろんな国の人と関われる環境が欲しい

そんな方へのオススメは断然!U-GAKUです!

・2人部屋もあるがほぼ1人部屋なので快適にのびのびと過ごすことができる
・授業のコマ数やスタイルが自分でアレンジ出来るため、自分の時間も作りやすい
・マンツーマンレッスン、グループレッスンの両方を行っているため、英語力が伸びやすい
・外国人旅行者も滞在しているため、施設内でフィリピン人だけでなく世界各国の旅行者と交流できる(これ結構アツい!)

宿泊施設には、仕事や旅行で滞在しているフィリピン人ではない外国人がいますので、その人たちとも英語でコミュニケーションをとったり食事をしたりなど最高の思い出をつくることができるでしょう!

でも、自分の英語力に自信がない…
留学前に英語を勉強したいけど勉強法が分からない…
だけど英語環境で英語を学びたい!

そんな方には!国内留学がオススメですよ!

国内留学も、断然!U-GAKUをオススメします!
U-GAKUは、北海道のニセコ町と沖縄県の北谷町で国内留学を開催しています。

どちらの地域も、ネイティブが多く住んでおり、外に出ればどこもかしこも外国人だらけ!まるで日本ではないような雰囲気を味わうことができます…!
また、レベル別で少人数でのグループに分かれて学習ができるため、個人の英語力に合わせて効率よく上達できるのが魅力です!

国内留学なら治安の心配もなく、安心、集中して英語学習に取り組めますね!

 

 

 

この記事を書いた人
野口 和輝
U-GAKU(ユーガク)代表

国内留学を創業したU-GAKU(ユーガク)の代表。過去のオーストラリア留学、フィリピン留学、7カ国15都市の海外渡航歴、過去の留学参加者の声などを踏まえ相談会のカウンセラーとして日々、最高の留学体験を提供するため奮闘中です! 2013年よりフィリピン留学の代理店を運営、フィリピンへの渡航歴は20回以上、今もフィリピンへ年2〜3回の渡航はもちろん沖縄北谷、ニセコへ行き常に最新情報をお届けしています。