無料オンライン個別相談

国内留学のメリットを15個お伝えします!

2022.06.27

「国内留学」は聞いたことあるけど、正直、なにがよいのか分からない
留学するなら結局海外のほうがいい気がする

 

このような疑問に応えます。

 

結論を先に伝えると、国内留学は、これから海外留学・ワーホリを考えている方、自分の英語力に自信のない方にはおすすめです。

 

このような疑問を、海外留学プログラムと国内留学プログラムの双方の事業責任者を担当した私の観点からお答えします。

 

この記事で、国内留学のメリットについて説明します。

 

この記事を読むことで、国内留学がどのようなものなのか、果たして自分に最適なのかについて理解ができるようになります。将来的に海外や英語に深く関わりたい方にとって、2〜4週間前後で可能な国内留学はその入り口としてぴったりです。

 

国内留学のメリット、デメリットから実際の体験談まで、たっぷりと国内留学について後ほど詳しく紹介します。ぜひ読み進めてください。

 

Contents

国内留学とは

まずは、国内留学の概要についてご説明します。

 

国内留学とは、国内で行われる英語学習のための短期プログラムです。

 

短期集中で1週間から3ヶ月のプランで海外留学のように、英語学習を効率的に行います。

同じ目的をもった仲間たちと共同生活をして交流したり、外国人とも国際交流できたりします。

 

英語力の向上はもちろんのこと、非日常な環境での暮らしや人との出会いなど新しい気づきも得られるところが、通学やオンライン英会話と異なります。

 

また家など普段の環境だとどうしても怠けがちな方は環境を変えて集中的に英語学習ができる点も国内留学の良い点です。

 

国内留学のメリット

ここからは国内留学のメリットを15個一挙にご紹介します。

 

①費用があまりかからない

②参加するハードルが低い

③異文化に触れられる

④英語漬けの環境を得られる

⑤マンツーマンで教えてもらえる

⑥将来に役立つ

⑦海外留学の準備にもなる

⑧留学準備が楽

⑨短期間で留学できる

⑩隔離期間がない

⑪観光などに誘惑されることがない

⑫留学でできた友達ともずっと繋がりやすい

⑬教師が日本のことを理解してくれている

⑭治安がいい

⑮病気になっても安心

 

①費用があまりかからない

国内留学にかかる費用はプログラム代のみです。この中には基本的に宿泊代、交通費や教材代なども含まれています。

 

一方で、海外留学ではプログラム代に加えて往復航空券やビザ代、パスポート費用、保険代なども考慮しなければなりません。

 

この場合、短期留学だとしても最低10万円はかかり、長期留学となると倍以上の費用がかかることになります。

 

それに比べると国内留学は費用をあまりかけずに参加することができます。

 

②参加するハードルが低い

日本国内での実施になるので、そもそも時差を考える必要がありません。そのため、留学中でも家族や友人とも気軽に連絡をとることができます。

 

はじめて留学をする人や慣れない環境に不安を感じる人にとってはそういった安心要素があります。海外留学と比べれば、参加のハードルは断然低いと考えられます。

 

③異文化に触れられる

プログラム内容にもよりますが、国内でも留学先には外国人がいるケースが一般的です。彼ら彼女らと英語を通じてコミュニケーションをとることで、異国の考え方や文化を学ぶことができます。

④英語漬けの環境を得られる

英語を効率的に上達させるためには、自ら英語漬けの環境に飛び込んでいく必要があります。国内留学では、プログラムによっては日常生活で日本語をNGにするものがあり、国内にいながらも英語漬けの環境に追い込むことができます。

 

海外留学ではもちろん日本語が少数派になるので英語漬けの環境が余儀なくされます。しかし、周りにいる友人が日本人であれば、ついその人と日本語で話してしまうでしょう。また、ホームステイをしたとしても宿としての使用や観光をメインにしてしまうと、ホストファミリーとも会話をたくさんすることなく終わってしまいます。

 

つまり、海外留学よりも国内留学のほうが、案外強制的に英語漬けの環境をつくることができるかもしれません。

 

⑤マンツーマンで教えてもらえる

国内留学では、ホームステイの場合でも、スクールタイプの場合でも、基本的に少人数体制での学習カリキュラムになっていることが多いです。

 

少人数でもマンツーマンの形式をとっていることが多いです。マンツーマンでは分からないことも率直に聞けますし、自分のレベルに応じて学習を進められます。

 

⑥将来に役立つ

グローバル化が当たり前になっている時代に、学生でも社会人関係なく、誰もが英語力を備えていたほうが有利になっています。

 

国内留学は、短期だとしても集中的かつ効率よく、英語を学習することができます。間違いなく英語力の向上は可能なので、将来英語を使って活躍するための後押しになります。

 

⑦海外留学の準備にもなる

海外留学を検討しているけど不安を感じている人にとって、国内留学は最初の入り口として機能します。まずはお試し感覚で、国内で海外風な生活を体験することにより、海外留学を本気でするかの材料になることでしょう。

 

⑧留学準備が楽

国内留学をするにあたっては、パスポートをとる必要もなければ、海外保険に加入する必要もありません。持っていく荷物に関しても、忘れ物は現地でも簡単に調達できることから大きな荷物をかかえる必要はありません。

 

国内留学では、お金や時間のかかる手続きや荷物の用意がないので、手軽に参加することができます。

 

⑨短期間で留学できる

社会人の場合、長期休みをとって長い間留学することは容易ではありません。

また、海外でも短期留学ができる国は多いですが、飛行機や空港までの経路などでも時間をとられて、1週間や数日の休みでの実現はなかなか厳しいものがあります。

一方の国内留学では、週末だけや1日、半日での体験もできますので、忙しい人でも比較的参加しやすいです。

 

⑩隔離期間がない

コロナの状況もあり、海外留学では、現地に到着したときと日本への帰国時に隔離されるケースがまだまだ余儀なくされることが多いです。

 

これまでの例ですと、2週間は現地ホテルで隔離生活、帰国しても自宅待機をしなければいけませんでした。留学先のエリアによっては緩和されているケースもありますが、まだまだ収束のつかない事態であることに変わりありません。

 

いつまた隔離生活を送ることになってもおかしくないなか、国内留学であればそのような心配をする必要なく、留学生活を送れます。

 

⑪観光などに誘惑されることがない

国内留学はカリキュラム上、観光などに時間を削られることがなく、英語学習だけに集中できます。

 

一方で、海外留学は、午前中にレッスン、午後からは自由時間になる語学学校がほとんどです。自由時間をどう過ごすかで、英語力に差が生じます。

 

海外留学は全てが新鮮で楽しいですが、その分さまざまな誘惑も待っているのです。観光などで楽しく過ごすのはよいですが、あっという間に時は過ぎていきます。

 

少しでも英語漬けの時間を増やして効率的に英語を学習したいという人には誘惑のない環境を意識することも大切になるでしょう。

 

⑫留学でできた友達ともずっと繋がりやすい

国内留学は海外に比べて、時差もないので、留学で出会った友達やホームステイ先へも、会いに行きやすいですし、連絡も取りやすいです。そのため、留学後も繋がりをもちやすいといえます。

その点、海外留学だと、ホームステイ先の家族や学校でできた外国人の友達に、帰国後いつでも会いにいくことは難しいです。

留学後の英語学習を継続するには刺激しあえる存在がいることも大きな支えになります。国内留学であれば、プログラム後の英語学習を継続するにあたって心強い友達ができるチャンスがつくれます。

 

⑬教師が日本のことを理解してくれている

 

国内留学は、国内での実施ということもあり、参加者のほとんどが日本人となっています。そのため、授業の構成も日本人にあった内容になっています。現地の教師も指導にあたっては、日本人のシャイな性格を理解してくれていることが多いです。

 

そういう理解を踏まえつつ、ひとりひとりにあった指導をしてくれるので、学習者は安心して英語に打ち込むことができます。

 

⑭治安がいい

海外留学は、国によって治安のあまりよくない土地があったり、スリや置き引きの被害にあう可能性もあります。

しかし、国内留学ならば、海外に比べると、事件や犯罪に巻き込まれる可能性は少ないです。また、万一のことがあっても日本語が通じるので安心感があります。

 

⑮病気になっても安心

国内留学では、病気になっても日本の健康保険でそのまま適応できますし、言語にも不安を感じることは少ないでしょう。

しかし、海外で病気になったら、病状を説明できるか、薬は合うのか、治療費は保険で全部対応できるのかなど不安が募りやすいです。

 

万が一のことが起きても、安心できるのは国内留学の良さのひとつといえます。

 

国内留学のデメリット

ここからは、国内留学のデメリットについても簡単に説明していきます。

 

①海外に住む経験はできない

②半日から数日の留学では大幅な英語力の向上は難しい

③移動に時間がかかる

④英語漬けの環境は、類似的なものもある

⑤日本人が多い

⑥留学経験をアピールするには弱い

 

①海外に住む経験はできない

国内留学でも、海外にいるかのような経験をすることができます。

 

しかし、あくまでも国内になるので本物の海外居住の経験と同じかというとそれは異なります。

 

そのため、本格的に留学を検討している人であれば、その最初の一歩としての国内留学という意識で選ぶのが適しているといえます。

 

②半日から数日の留学では大幅な英語力の向上は難しい

数日の国内留学だけで英語をペラペラと話せるようになるのかと言えば、正直難しいといえます。そもそも半日から数日というのは期間が短く、アウトプット量も圧倒的に不足しているからです。

 

しかし、国内留学で得られる最大の成果は、英語を話すことへのためらいを取り除くことです。短期間でも、英語を使って外国人と会話をする経験を積むことは、その後の英語学習にも必ず役に立ちます。

③移動に時間がかかる

国内留学とはいっても、行く先によって遠隔地にある場合は、気軽に参加できるとは言えないときもあります。

 

例えば、、遠隔地から沖縄まで飛行機で移動するのであれば、英語圏の中で比較的日本に近い、セブ島(フィリピン)に行く場合と時間に差はありません。国内留学の拠点が近くにある場合は気軽に参加できますが、そうでない場合は、移動に時間がかかってしまいます。

 

④英語漬けの環境は、類似的なものもある

海外留学で得られる現地での英語漬けの環境に対して、国内留学で得られる英語漬け環境はあくまでも擬似的なものにすぎません。

 

また、一部の場所では異国情緒あふれる街並みが見られますが、それ以外の場所は日本の風景が広がっています。そのため、どんなに海外に近い環境で、国内留学に適しているといっても、実際に海外に行って留学をしているときのドキドキワクワク感を完全に味わうことは難しいです。

 

⑤日本人が多い

国内留学は、どうしても生徒はほぼ全員日本人になってしまう傾向があります。

海外留学では世界中から留学生が集まり、現地の学生たちとも一緒に授業を受けることができます。しかし、国内留学は日本人の参加者たちがクラスメートになります。

日本人が多いということは、日本語を使おうと思えばいくらでも使える環境であるので、日本人同士でも英語で会話をするなど意識を高くもつ必要があります。

 

⑥留学経験をアピールするには弱い

海外留学の経験は、入試や就職活動において有利になるケースもあります。

 

一方で、国内留学の経験は海外留学と比較すると、あまり高く評価されないことが多いです。

 

留学経験として面接官にアピールするのであれば、留学に行くだけでなく、そこに伴う行動など工夫して伝える必要があります。

 

おすすめの国内留学先

国内留学先は、期間やプログラムの内容、属性(学生や社会人など)、目的などによっておすすめの場所も異なります。探そうと思えば、いくらでも出てくるのでどこにすればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

 

そんな人のためにも、具体的な留学先についてはこちらの記事で紹介しているので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

 

こちらの記事では、各スクールの場所、期間、費用やスクールの特徴をそれぞれ簡潔に紹介しています。国内留学先を検討する上でのヒントになりそうなことがたくさん書いてあります。自分に最適なプログラムや条件を抜き出すことで、短期間でもより精度の高い学習効果を得ることに繋がっていきます。興味のある人はぜひ下記のリンクからご覧ください。

 

学生向け!国内留学おすすめスクール10選【TOP3紹介】

 

国内留学と海外留学の違い

ここまで、国内留学についてご紹介してきました。続いては、国内留学と海外留学、さらにはコロナ禍で増えたオンライン留学を費用や期間、手間や生活環境などの観点からそれぞれ比較しました。

 

図にまとめたのが以下になります。

留学費用、学習期間、留学参加の手間、人間関係、楽しさ、気軽さ、生活環境、保護者の許可、コロナ 対策の9つの観点から国内留学・海外留学・オンライン留学を比較した図です。

 

まずは、国内留学は海外留学で1ヶ月当たりにかかる留学費用の2分の1以下の価格で実現できます。留学期間やプログラムの中身によって費用はかかるので、必ずしも以下の費用になるとは限りません。しかし、国内留学であれば海外留学よりも費用を安く抑えることができるのは間違いないでしょう。

 

図の留学費用を切り取って説明しましたが、それ以外にも自分が重要視したい項目についてはぜひ比較してみてください。

 

図にまとめたのが以下になります。

 

国内留学と海外留学、それぞれ向いてる人!

さて、国内留学のメリットやデメリットがわかったところで、自分が果たしてどちらに向いているのか、よく分からない人もいることでしょう。

 

そこで、ここでは国内留学が向いてる人、海外留学が向いてる人の例をあげていきます。

以下の記事で詳しくまとめています。

 

「私にはどちらのほうが適しているのだろうか」と気になっている方はぜひご覧ください。

国内留学で大学生は英語を学ぼう!【夏休み・春休みにおすすめ】

 

国内留学のスケジュール例

国内留学は短期間で集中的に英語学習ができることが特徴でもあります。

では、短期間で学習効果を高めるための具体的なスケジュールはどのようなものか、知りたい人も多いはずです。

 

実際に国内留学の参加者のスケジュールは以下のサイトにまとめております。

留学前には事前テストがあり、そこで自分の課題を見つけることができます。それを踏まえて留学中は予習、授業、復習がプログラムの中に組み込まれ、しっかりと学習サイクルが確立されている仕組みになっています。

短い期間でも「弱点把握」と「効率を極めた学習サイクル」に基づいたスケジュールになっています。留学初日から弱点克服を意識しながら学べるので、学習効果が高められるわけです。

 

気になる方はぜひ以下のサイトをご覧ください。

国内英語留学U-GAKU | 初めの「一歩目」を踏み出した利用者の声

 

国内留学の体験談・口コミ

国内留学がおすすめな理由や海外留学との違いについて説明してきて、国内留学のイメージが少し湧いてきたのではないでしょうか。

 

とはいえ、国内留学で何を学べたのか、国内留学をして本当に良かったのかなど、実際に国内留学をした人たちの体験談や口コミも気になるところですよね。

実際に国内留学に参加された方々の体験談は以下の記事ににまとめております。

 

こちらの記事を読めば、国内留学を通して得たことや成長したこと、留学先の雰囲気などをリアルの声で感じることができるかと思います。

学生、社会人と幅広い視点から国内留学の体験談を知れるので、ぜひ自分と同じような立場の人の体験談からまずはご覧ください。国内留学へのイメージがより深くできるかもしれません。

 

詳しくはこちらです。

ニセコ留学がわかる!【料金・費用から評判・口コミまで】

 

国内留学で英語力を伸ばすための2つの方法

ここまで国内留学についてさまざまな角度からお伝えしてきました。

 

とはいえ、やはり気になるところは、国内留学で英語力を伸ばすにはどうすればよいのか。海外留学と比較して英語力の習得に不安を感じている人もいることでしょう。

 

しかし、ご安心ください。これから紹介する2つの方法を実践すれば、国内留学でも効果的に英語力を身につけることができます。

 

自分から英語を使ってコミュニケーションをとりにいく

海外留学でも同じことが言えますが、留学中に英語力をなるべく伸ばすためには、自分から積極的に英語でコミュニケーションをとりにいくことが大切です。

 

例え、海外留学して英語を話す機会に恵まれても、日本人はシャイな傾向が強く、人と交流することを控えてしまうことも多いです。

 

一番よくないのは、日本人の参加者同士で仲良くなり、英語を話す時間よりも日本語で話す時間の方が多くなってしまうことです。

 

本気で英語力を伸ばしたいのであれば、日本人参加者との交流に重きを置くのではなく、適度な距離感を保つこともおすすめです。

 

そのかわり、ネイティブ講師やホストファミリーたちと多くの時間を過ごして、沢山英語を使う練習をしたほうが断然英語力は上がります。

英語力は沢山話せば話すほど早く上達しやすいので、常に英語で人とコミュニケーションをとる意識で挑むことが大切です。

目標をもって、参加する

留学プログラムの参加にあたっては、「参加してどうなりたいのか」を考えて、できるかぎり具体的な目標を立てていくことをおすすめします。

 

目標をもつことによって、短期間の学習だとしても、英語力を吸収する濃度が格段に上がります。結果的に、効率よく学習成果を発揮することにもつながると考えられます。

 

参加する際は、「この期間では、食事中も英語で話す」など、具体的な目標を定めておくとよいでしょう。

 

留学以外でも留学気分を味わう方法

国内留学の魅力についてたっぷりと説明してきましたが、国内留学以外にも英語力を鍛えられる環境は国内で整備されています。

 

ここでは、留学ではなくても、留学気分を味わう選択肢についてもご紹介していきます。

 

シェアハウス

シェアハウスは、家具や電気など基本的なものは備わっているので、生活用品さえもっていけば、手軽に暮らすことができます。

 

そして、いろんな人と交流し、刺激的な環境で生活することもできます。シェアハウスに住む人は、学生、社会人からフリーランス、起業家など様々な人がいます。自分の目的に応じたコンセプトのもと、暮らす場所を決めれば、自分の成長に繋がるような仲間と出会うことができます。

 

「安く生活したい」や「刺激がほしい」というタイプの人は、シェアハウスでも留学気分を味わえるかもしれません。

 

ただ、一緒に暮らす人の中にはどうしても合わない人がいたり、トイレやお風呂も共有なので自由に使えなかったりと、デメリットもあるので選ぶときには注意が必要です。

 

ゲストハウス

ゲストハウスは、ホテルよりも低価格で泊まれる宿泊施設のことです。特徴としては、トイレやお風呂、キッチン、リビングなどが宿泊者全員で共有していることです。部屋は一人部屋もあれば相部屋もあります。

 

ゲストハウスの場合は、旅をしている外国人と出会う可能性があり、そこで英語を使って交流できる可能性があります。

 

そのため、ゲストハウスで働けば、必然的に英語を話す機会はあるかもしれません。しかし、客として泊まるだけならば、短期では英語を話す機会は少ないかもしれません。

 

ホームステイ

ホームステイでは、その家の家族と一緒に生活することで、現地の文化や雰囲気を味わうことができます。

 

生活するにあたっては、コミュニケーションをとるために英語を話すことが求められます。それゆえ、英語力を鍛える環境に置くことができます。食事も家族のライフスタイルに合わせることが基本となるので、留学気分を体感できるといえます。

 

ただし、やはり他人の家で暮らすことになるので、滞在先の家族に気を遣って我慢や遠慮がストレスになることもあるでしょう。また、家族のルールに合わせた生活を送ることになるので、自分のペースで暮らすことは難しいです。

 

国内留学するならU-GAKU

今回、国内留学のメリットやデメリットから海外留学との違いなど、あらゆる要素から国内留学について紹介してきました。いかがでしたでしょうか。

 

たくさんのことをお伝えしてきたものの、正直、まだ実感のわかない人もいるかもしれません。

 

国内留学サービスを提供するU-GAKUでは、国内留学に精通したプロフェッショナルがみなさまのお悩みに応じてくれる無料個別オンライン相談を実施しております。

 

国内留学に興味あるけど、いまいちよく分からない、不安があるなどという人は、ぜひこちらからお問い合わせください。