【フィリピン留学のお金事情】留学費用と節約術をご紹介!

2022.12.26

2022.12.25

留学をしたい!と思った時に特に気になるのがお金事情。できれば留学費用は安く済ませたい、という方も多いですよね。

フィリピンは日本から近いため、他の国に比べ格安で留学することが可能です!

では、フィリピン留学は実際どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

筆者はオーストラリア、フィリピンでの海外生活経験があり、関わってきた語学学校をフィリピン留学市場でホームステイ実績No.1へ導き、現在国内留学の事業責任者もしています。

この記事では、留学についての豊富な知識や経験をもとに、以下のことについて詳しくご説明します!

 

・フィリピン留学の滞在期間別費用

・出発前、留学中にかかる費用

・留学費用を少しでも抑えるコツ

 

フィリピン留学を考えている方、留学費用が気になる方、少しでも安く済ませたい!という方はぜひ最後まで読み進めてくださいね。

 

フィリピン留学の滞在期間別費用

参加するプログラムや期間によって留学費用は大幅に変わってきます。

ここでは、フィリピンの語学留学にかかる費用について、滞在期間別に見ていきましょう。以下の表を参考にしてみてください!

期間 費用目安
2週間 20万円
1ヶ月 30万円
3ヶ月 55万円
6ヶ月 110万円

1ヶ月のフィリピン留学にかかる費用の内訳は以下の通りです。

期間 費用目安
学費 20万円
生活費 4万円
ビザ 無料
航空券 5万円
海外旅行保険 1万円

留学期間は長い方が良いのでは?と思うかもしれませんが、短い期間でもプログラムや目的によっては十分な効果を得ることができます。安い費用で効果を得ることができるのであれば、それが望ましいですよね。

期間が長いほど費用も高くなりますので、目的と費用を合わせて考えながらベストな期間を選ぶと良いでしょう!

 

出発前にかかる費用

フィリピン留学が決まったら、留学に向けて準備が必要ですね。

ここでは、留学が始まる前にかかる費用について詳しく見ていきましょう!

 

渡航費

日本とフィリピンの渡航にかかる費用は、往復でおよそ5〜7万円です。

直行便が飛んでいますので、乗り継ぎの必要もありません!

年末年始やGW、夏休みなどは旅行シーズン、つまり繁忙期にあたります。その時期は価格が高騰する可能性があるため、安く済ませたい方は避けて購入することをおすすめします。

もし繁忙期に留学を検討しているのであれば、なるべく早めに購入をしておくとよいでしょう!

 

海外旅行保険費用

慣れない国では怪我や病気、盗難などの予想のつかないトラブルに見舞われる場合があります。そのような時に備えておくのが海外旅行保険。

フィリピン留学に限らず、海外に長期滞在する場合は加入しておくことをおすすめします!

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードもあり、会社によっては3ヶ月以内であれば無料というものもあります。

保険会社によって条件や費用も変わってくるため、加入する場合は内容をよく確認しておきましょう!

 

パスポート申請費用

海外に行く場合はパスポートが必須ですよね!

留学をしたいけどパスポートを持っていない、という方はその申請費用も必要です。

申請費用は有効期間や申請時の年齢によって変わります。

有効期間 手数料
12歳未満 5年間 6,000円
12歳以上 5年間 11,000円
18歳以上 10年間 16,000円

すでにパスポートを持っている、という方も有効期間を確認し、期限切れが近い場合は更新しておきましょう!

パスポートは申請してから発行までにおよそ1週間はかかりますので注意してくださいね。

 

留学中にかかる費用

準備が終わったら、いよいよ留学ですね!

ここでは、学費や生活費など、現地でかかる費用について詳しくご紹介します。

 

■留学中にかかる費用

・学費

・ビザ申請費用

・生活費

 

学費

フィリピン留学の学費は1ヶ月の場合およそ20万円です。

授業時間数を増やすほど、レッスン料金が加算されていく形になっています。

授業内容によって料金が大きく変わってきます。特にマンツーマンなど専門性の高い授業は割高となるため、目的に合わせて授業を選びましょう!

フィリピンの語学学校は基本的に、学費の中に寮の宿泊費や食事代など、他の滞在費を合わせて含むプログラムが用意されています。学校によって料金の内訳が違いますので、詳しくは各学校の料金詳細をご覧ください。

欧米諸国の場合は学費と宿泊費が別料金となっているので、費用が倍近くかかります。この点でフィリピン留学は費用を抑えることができます!

 

ビザ申請費用

フィリピンは30日以内の滞在であればビザの申請は不要ですが、もし30日以上の留学をする場合には、ビザの延長手続きが必要となります。

2ヶ月で3440ペソ(約8400円)、4週間ごとに申請が必要となり、長く滞在するほどビザ申請費用がかかります。

留学の場合は学校のスタッフが代行して手続きする場合が多いです。

ビザとは別に、フィリピンで語学留学をする場合、SSP(Special Study Permit)と呼ばれる就学許可証を発行する必要があります。

また、60日以上滞在する場合はACR-I カードという外国人登録証を発行する必要があり、留学者本人が手続きしなければなりません。

どちらも申請費用がかかるので注意が必要です!

 

生活費

フィリピンの物価は日本のおよそ3分の1〜5分の1!

1ヶ月あたりおよそ4万円の生活費がかかります。他の国と比べ、生活費も安く済ますことができますよ。

食費は現地の屋台などを利用すると一食100円〜300円に抑えることもできます。しかし衛生上の問題もあるため、注意が必要です。食事がついている寮に泊まった場合は、食費についてあまり考えなくてもよいですね。

日本よりも物価が安い、と言っても全てが安いというわけではありません。そのため、余裕を持って多めに考えておくと、現地での観光など自由に過ごすことができるでしょう。

 

留学費用を少しでも抑えるコツ

フィリピン留学は他国に比べて安いと言っても、留学にはある程度のお金がかかります。できるなら少しでも安く抑えたいと思いますよね。

そこでここでは、留学費用を抑えるコツをご紹介します。

 

■留学費用を少しでも抑えるコツ

・オフシーズンを狙う

・複数人部屋を選ぶ

・郊外の学校を選ぶ

 

オフシーズンを狙う

留学には、ピークシーズンとオフシーズンがあります。夏休みなどの学生の長期休みのシーズンとずらすことで、留学費用を抑えることができます。

ピークシーズン:2~3月、7~9月

オフシーズン:4~6月、10~1月

ピークシーズンには航空券、授業料などの留学費用が高くなる傾向があるため、注意が必要です。もしピークシーズンを狙う場合は、早めに予約しておくと割引料金が適応される場合があります。

 

複数人部屋を選ぶ

語学学校の寮に泊まる場合、何人部屋に泊まるかを選ぶことができます。その際、なるべく大人数の部屋を選ぶことをおすすめします。なぜなら、人数が多ければ多いほど宿泊費が安くなるからです。

1人部屋と2人部屋の違いだけでも大きく料金が変わります。大人数で部屋を共有するのは苦手、という方は2人部屋を利用するだけでも費用を抑えることができますよ。

 

郊外の学校を選ぶ

観光エリアではなく、郊外にある語学学校を選ぶことでも費用を抑えることができます。観光エリアにある語学学校に留学すると、郊外に比べてお店などが観光料金により割高になっています。

フィリピンで最も物価が高いのは、首都であるマニラで、セブ島内では、ローカルエリアと観光エリアで物価の差があります。物価が安いだけではなく、にぎやかな観光地付近に比べて遊ぶ場所が少なく、遊びに費やす時間が自然と減り、勉強に集中しやすいというのもメリットです。

 

まとめ

今回は、フィリピン留学のお金事情についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

フィリピンは他の英語圏の留学先に比べて物価が安かったり、日本から近かったりと、留学費用を少しでも抑えたい!という方にとってとてもおすすめな留学先です。

 

海外留学は不安という方には、国内留学もオススメ!

U-GAKUは、北海道のニセコ町と沖縄県の北谷町で国内留学を開催しています。

 

国内留学U-GAKUについて少しでも興味がある方は是非こちらをクリック!↓