フィリピン留学女子のいろは!治安は?持ち物は?オススメの学校は?徹底解説!

2022.12.10

2022.12.10

デフォルト画像

近年流行りのフィリピン留学。日本からも近くて費用も安く済み、語学留学の目的地として多くの人に選ばれています。

もちろん女性の方にも人気のあるフィリピン留学ですが、実際のところ女性一人でも安心して暮らせるのか、治安や現地の暮らしはどうなのか、気になる点も多くあるかと思います。

とくに初めて語学留学をする方は、なおさら心配なことが多いですよね。

 

そんなフィリピン留学女子のためにこの記事では以下のことを徹底解説していきます!

 

✔︎フィリピン女子一人留学って危険?フィリピン治安のリアル

✔︎日本から持っていくと安心な女子向け持ち物

✔︎フィリピンでおすすめな女子向け語学学校

 

フィリピン留学にチャレンジしたいけど、暮らしや治安面で不安を抱いている方や、渡航後の持ち物や語学学校について悩んでいる方のお役に立つ記事となっていますので。是非最後までお付き合いください!

 

フィリピン女子一人留学って危険?フィリピンの治安を徹底調査

まだまだ発展途上国のフィリピンですが、20年前と比べると圧倒的に治安がよくなり、観光地やリゾート地としてもどんどん人気が高まってきています。

そんな向上傾向にあるフィリピンの治安ですが、単刀直入に言えばやはり日本に比べるとぐっと安全性は下がりますし、治安があまり良くない地域や時間帯が存在します。

 

これはフィリピンに限った話ではないですが、世界でも随一安全な日本を飛び出して海外で生活していく以上安全に暮らすための心がけは大変重要になってきます。

 

ここではとくに女子一人フィリピン留学でも安全にかつ快適に暮らすための心得をご紹介していきます!

 

身なりや持ち物に気を付ける

基本中の基本ではありますが、身に着ける物や洋服に気をつけましょう。ブランド品や目立つものを身に着けることは控え、なるべく現地の生活に馴染むような服装を心がけましょう。

お金を持っていると思われると犯罪に巻き込まれやすくなります。日本ではできないようなカジュアルな服装も海外に住む1つの経験と思って楽しんじゃいましょう!

 

ストリートチルドレンには近づかない

日本ではみない光景ですが、フィリピンにはストリートチルドレンと呼ばれる子供たちが存在します。近づくとスリ等に合う危険があるので、むやみやたらに近づかないようにしましょう。

 

夜中の外出は控える

マカティやボニフォシア・グローバルシティ(BGC)などのビジネスエリアでは、大変治安がいいため夜9時以降の外出も問題ないと言ってもいいですが、そのほかのエリアでは夜遅い時間の外出はなるべく控えましょう。おのずと人通りも少なくなり、犯罪が発生しやすくなっています。

また、夜の娯楽街として賑わうマラテ・エドサ・キアボに遊びにいく際は、人気の多い道を選び、なるべく一人で出歩かないようにします。

 

パスポートなど常に不必要な貴重品は携行しない

紛失や盗難にあうと困るようなパスポートなどは常に携行することは避け、家や寮の金庫など安全な場所に保管しておきましょう。

もしやむを得ず持ち歩く場合はカバンと紐で繋ぐなど簡単にスられないようにすると安心です。置引きにあわないよう、荷物をテーブルに置いて離れたりはせず、常に持ち歩きましょう。また、混雑した場所ではバッグやリュックは前に抱えて歩くと安心です。現地の方もこのようにします。

 

すぐに人を信用しない

フィリピンに限った話ではないですが、海外で仲良くなった人をすぐ信用するのは危険です。

とくに日本人女性は海外でも人気で、性犯罪の標的にされることもあります。甘い言葉を使ってたくみに近づいてくる人には十分注意しましょう。自分は大丈夫と思っていても、意外と海外にいると心細い気持ちがまさっていつもより人を信用しやすくなったりします。

また、他人からもらった物をむやみやたらに飲食することも避けます。薬物や睡眠薬が混入している危険性があるためです。

 

注意すべきことが多いように感じますが、これらの基本事項を守ることで犯罪に巻き込まれることを未然に防ぐことができます。常に自分の身は自分で守るという気持ちを忘れずに過ごすことが大切です!

 

日本から持っていくと安心な女子向けの持ち物5選!

ここからはフィリピン留学女子向けのオススメの日本から持っていくと良い持ち物をご紹介します。

グローバル化が進む昨今、日本でしか買えない物は少なくなってきていますが、やはり揃えておくと安心なものは日本で買い揃えておくとベターです。

ここでは厳選した5つをご紹介します!

 

常備薬・常用薬

first things first、お薬ですね。常備薬に関しては飲み慣れているものを用意しておくとよいでしょう。風邪薬や胃腸薬、頭痛薬などちょっとした身体の不調に備えた薬を用意しておくと安心です。

持病などのために常に服用している物がある場合は、出発前に多めに病院でもらっておきましょう。留学にいくことなど事情を話すと通常より多めに処方してくれる病院もあるのでかかりつけ医に相談してみてくださいね。

フィリピンでも持病で医者にかかる可能性がある場合は、日本の病院で診断書をもらっておくと安心です。英語で対応してくれる場合もあります。

 

虫除け

常夏のフィリピンではやはり虫が多め。虫除けを携行すると安心です。とくに蚊は日本のように痒みだけでなく、デング熱にかかるなどひどい症状がでることも。虫除けは必ずポーチに1つ忍ばせておきましょう!フィリピンの虫は日本より強力なものが多いので、虫除けだけでなく肌の露出を控えるなど服装でも対策するとより安心です。

 

化粧品

もちろんフィリピンでも購入できますが、使い慣れた化粧品を少し多めに持っていくと安心です。とくに海外では化粧水を使う女性が少ないのか、日本より手に入りづらいです。また、意外と忘れがちな化粧落としですが、フィリピンでは日本のようには種類が豊富ではないためこだわりがある人は多少多めに持っていくのがおすすめですよ。

 

洗濯ネット

こちらもフィリピンで購入できるものになっていますが、嵩張らないし日本の100均一で簡単に手に入るので日本で用意していくのがおすすめ。パッキングの際に下着をいれて整理するのにも使えます。洗濯機は基本的に日本と一緒ですが、大切な洋服はネットにいれて洗濯すると安心です。

 

生理用品

荷物に余裕があれば、こちらもいくつか持ってきておくとおすすめ。海外の品質もよくなってきていますがやはり日本の品質がピカイチ。日本の物も持ってきておいて、現地で自分にあうものを少しずつ探せるとよいですね。

 

フィリピン留学女子にオススメな語学学校5選!

語学留学で人気なフィリピンは、語学学校の選択肢も豊富。ここではたくさんの語学学校の中でも女性にオススメという観点から語学学校をご紹介していきます。

 

BECI レディースキャンパス

BECI レディースキャンパスは、フィリピンで初めて女性のために作られた女性専用キャンパスで、カフェのような落ち着いた雰囲気が多くの女性から人気を集めています。雰囲気の他にも、万全なセキュリティ設備やおしゃれなカフェ・マッサージ施設、24時間利用可能なキッチン、他の生徒と交流可能なオープンラウンジなど充実した設備も高ポイント。とても楽しいキャンパスライフを送れること間違いなしです!

先生との距離も近く、英語を楽しく安心して学ぶことができるとてもオススメの語学学校です。

 

C2 Ubec レディースキャンパス

C2 Ubec レディースキャンパスは、安心の日系資本の語学学校。やはり日系の会社は外資系に比べてサービスがきめ細かく利用しやすいです。日系だと日本人ばかりでは?と不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、こちらのキャンパスでは多国籍の生徒が在籍しており、異文化交流も盛んに行えるので安心してくださいね。

ガードマンも24時間在籍しているため、キャンパスおよびドミトリー内で安心して生活することができます。

 

MONOL

MONOLはしっかり勉強したい方にオススメの語学学校。2003年から開校した老舗の語学学校で、英語習得のノウハウも豊富。こちらは共学ですが、女性の生徒も多く、英語を熱心に勉強したい生徒が集まってきており刺激を受けながら毎日を過ごすことができます。キャンパスの立地も市内とは少し離れた静かな山岳地帯ですので犯罪発生率も低く、しっかり英語に集中したい方にとってもオススメの語学学校になっています!

 

CPI

こちらの語学学校は、フィリピンの語学学校の中でも3本の指に入るほど施設が綺麗な学校の代表校。少し市内からは離れますが、キャンパスにはプールも併設し、ドミトリーの家具にこだわってセレクトという徹底ぶりです。ビュッフェスタイルの食事も女性からの人気の1つ。せっかくの海外留学をおしゃれに生活したいというフィリピン留学女子には一番おすすめの語学学校です。

 

Cebu Blue Ocean

韓国資本のセブブルーオーシャンは、元々リゾートホテルだった建物をそのままキャンパスとして使用しているなんともフィリピンらしい語学学校。マクタン島というセブ市の沖合数キロにある島の中に位置しているため、毎日目の前の美しいオーシャンブルーを楽しむことができ、リゾート留学ならではの思い出作りができること間違いなしです!施設も比較的綺麗で、女性の方でも安心して使用できます。マンツーマンレッスンに力をいれており、英語の伸びも期待できます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フィリピン留学女子にむけた、フィリピンでの安全な暮らし方や、日本で用意した方がよい持ち物、女性におすすめのフィリピンの語学学校をご紹介しました。

 

フィリピンは英語圏の留学先に比べて物価が安かったり、日本からの距離が近かったりと留学をする上でのメリットが多く、フィリピン留学を考えている女性の後押しになれば幸いです。

 

まだまだ治安面で完璧とはいえないフィリピンですが、それはどの国にとっても言えること。その国に合わせた注意や工夫を自分なりに心がけて、素敵な留学生活を送れるよう応援しています!

 

国内留学U-GAKUでは、従来の留学先である北海道ニセコ、沖縄県北谷に加えて〇〇が留学先として追加されます!フィリピン留学を考えている方はぜひご検討ください!

 

U-GAKUをもっと知りたい方は以下をクリックして詳細をご覧ください!