フィリピン留学でマンツーマンレッスンを受けたい!メリットや注意点を解説

2022.12.19

2022.12.19

フィリピンの語学学校の多くではマンツーマンレッスンを取り入れており、それがフィリピン留学の特徴でもあります。マンツーマンレッスンにはグループレッスンにはないメリットもあり、受け方次第では英語力の向上に効果的であるためおすすめのレッスンです。

 

しかし、

 

マンツーマンレッスンのメリットって何?」

「マンツーマンレッスンって本当に効果あるの?」

 

と疑問に思っている方も多いはず。

 

そこでこの記事では、以下のことについて詳しく解説します!

 

・マンツーマンをおすすめする3つの理由

・マンツーマンの注意点

・フィリピンでマンツーマンレッスンが受けられる学校

 

マンツーマンレッスンに興味のある方、フィリピンへの留学を考えている方、英語力を伸ばしたいという方はぜひ最後まで読み進めてくださいね。

 

フィリピン留学でマンツーマンをおすすめする3つの理由

マンツーマンレッスンにはグループレッスンとは違ったメリットが多くあります。

ここでは、マンツーマンレッスンをおすすめする理由として、以下の3つのメリットを解説します。

 

マンツーマンのメリット

・自分のペースで進められる

・ミスにすぐに気づける

・アウトプットの量が多い

 

それぞれ詳しく見ていきましょう!

 

自分のペースで進められる

グループレッスンであれば他の生徒に合わせる必要があるため、学びたいことを学べない、自分のペースに合わないといったことがあるでしょう。

一方、マンツーマンレッスンはその名の通り、先生1人に対して生徒も1人で授業を受ける形です。そのため、それぞれの生徒のペースに合わせて授業を受けることができます。授業を受ける生徒のレベルや目的に合わせた授業内容で進めることができるため、効率的に英語を学ぶことが可能なのです。

また、わからないことがあった時にはすぐにその場で聞くことができます。理解できないという部分をなくしやすいため、授業で置いてかれるという心配がありません。

自分のレベルにあった授業で学びたいという方にぴったりなのがマンツーマンレッスンなのです。

 

ミスにすぐに気づける

マンツーマンレッスンはミスがあった時にすぐに気づくことができます。

グループレッスンの場合、先生1人に対し多くの生徒を見なければいけないため、一人一人の細かいミスに気づくことが難しくなってしまいます。進行のためにミスを指摘する機会が減ってしまうこともあるでしょう。

マンツーマンであれば、先生と英語で話している途中に何か間違いがあった時にすぐに先生が気づくことができます。他の生徒を気にする必要もないので、丁寧に時間をかけてミスを指摘し、説明してくれるでしょう。

細かいミスを修正していくことで、正しい英語を身につけることができますね。

 

アウトプットの量が多い

マンツーマンレッスンでは、生徒1人と先生1人だけで会話しながら授業を進めなければなりません。そのため、発言できるタイミングが限られているグループレッスンに比べると、マンツーマンは圧倒的に発言量が多くなります。

つまり、マンツーマンはインプットだけでなくアウトプットの量が多いということです。

英語を話す量が多くなればなるほど、スピーキング能力を高めることができます。少し間違えていても、先生が汲み取って丁寧に修正してくれるので大丈夫です。自信がなくても積極的に発言して英語力を高めていきましょう。

 

フィリピン留学でマンツーマンの注意点

マンツーマンレッスンにはグループレッスンにはないメリットが複数ありました。しかし、マンツーマンレッスンをただ受けるだけで簡単に英語力が伸びるわけではありません。

ここでは、マンツーマンレッスンを受ける際の注意点を解説します。

 

■マンツーマンの注意点

・基礎的な英語を学習しておく

・予習・復習が大事

・マンツーマンレッスンだけにこだわらない

 

基礎的な英語を学習しておく

マンツーマンはアウトプットの量が多いことがメリットですが、そもそもインプットができていなければアウトプット自体できません。基礎的な英語がわからないと頭の中で英語を考えることも難しく、その先の英語を声に出すという段階までいけない、なんてこともあるかもしれません。

もちろん声に出さなければスピーキング能力は伸びません。留学まで行ったのに何も話せないということがないように、留学前にある程度簡単な英語を学習しておきましょう。

 

予習・復習が大事

ただマンツーマンレッスンを受けるだけで英語力を伸ばすことができたら、誰もが受講しようと思うでしょう。確かに自分のペースで学習でき、アウトプットの量も多いため英語力を伸ばすチャンスは多いですが、それをしっかり定着させなければ意味がありません。

つまり、授業時間の勉強だけでなく、自分で予習と復習を行う必要があるのです。そのため、授業時間外でも英語の勉強ができるようにしっかり計画を立てて学習を進めるようにしましょう。留学中だけでなく帰国後も復習を行い、留学中に学んだ知識をしっかり定着させることが大事です。

 

マンツーマンレッスンだけにこだわらない

マンツーマンレッスンはグループレッスンにないメリットが複数ありますが、逆に言えばグループレッスンにも特有のメリットがあります。

集中的にスピーキング力を伸ばしたいという方はマンツーマンだけでもよいかもしれませんが、こだわりがなければグループレッスンと並行することも視野に入れることをおすすめします。プレゼンやディスカッション能力などはグループレッスンの方が身につけられるでしょう。

自分が英語を学ぶ目的をよく考え、それに合わせた学習ができるカリキュラムを選びましょう。

 

フィリピン留学でマンツーマンが受けられる学校

ここではマンツーマンレッスンを受けられるフィリピンの語学学校をご紹介します。

 

■マンツーマンが受けられる学校

・U-GAKU

・TARGET

・3D Academy

・EV English Academy

 

U-GAKU

U-GAKUでは3つのタイプ別プログラムが用意されており、それぞれグループのみ、グループ+マンツーマン、マンツーマンのみのプログラムがあります。

マンツーマンのみのプログラムではマンツーマンレッスンを1日6時間受講可能です。グループ+マンツーマンのプログラムではグループレッスンを2時間、マンツーマンを4時間受けることができますので、そちらもおすすめです。

日本人経営の学校で、初心者を想定したプログラムを用意しており、事前のテストをもとに一人ひとりのレベルにあったカリキュラムを提供しているため、安心して授業を受けることができます。

 

TARGET

TARGETはマンツーマンレッスンを受けられるコースが複数あり、中には1日8コマ全てマンツーマンというコースも用意されています。フィリピンの語学学校の中でもかなり多くのマンツーマンレッスンを受けることができますので、マンツーマンで集中的に英語力を上げたいという人にはおすすめの学校です。

マンツーマンとグループレッスンを組み合わせたコースもありますので、バランスよく学びたいという方はそちらを選択するのも良いでしょう。

基礎的な英語はもちろん、スピーキングに特化したオリジナルカリキュラムも用意されており、マンツーマンでスピーキングを伸ばしたいという方にはおすすめです。

 

3D Academy

3D Academyでは「マンツーマン特化コース」を選択すると1日最大7コマのマンツーマンレッスンを受講することが可能です。日常会話を実践で使えるようにマンツーマンで集中的にトレーニングすることで、効率よくスピーキングを伸ばせます。

目的やレベルに合わせて生徒自身がスケジュールを組むことができますので、自分に合ったレッスンを受けることが可能です。

また、ネイティブ講師によるグループレッスンとマンツーマンレッスンを合わせて受けられるコースが用意されています。他にも15を超えるコースが用意されており、ニーズに応じた授業を選べます。

 

EV English Academy

EV English Academyはスパルタ校として有名な語学学校です。「セミスパルタ」と「スパルタ」の2つのどちらかを選択することができます。

1日8コマ全てマンツーマンレッスンを受講できるコースが用意されており、その他のコースは全てマンツーマンとグループレッスンを組み合わせたカリキュラムとなっています。

スパルタコースでは朝から単語テストを行い、8コマの授業が終わった後にさらに文章テスト、義務自習を受けるというスケジュールが組まれています。

かなりハードではありますが、徹底的に管理されていますので、集中的に確実に英語力を上げたいという方にはおすすめの学校です。

 

まとめ

今回は、フィリピン留学のマンツーマンレッスンについてご紹介しました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

この記事で解説したマンツーマンのメリットや注意点を参考に、自分の目的に合わせたカリキュラムを選んでくださいね。

 

今回ご紹介した学校「U-GAKU」では、フィリピンの他にカナダへの留学も可能です!

 

海外留学は不安という方には、国内留学もオススメ!

U-GAKUは、北海道のニセコ町と沖縄県の北谷町で国内留学を開催しています。

 

U-GAKUについて少しでも興味がある方は是非こちらをクリック!↓