無料オンライン個別相談

国内留学を東京でしたい人向け!おすすめのプログラム10選!

2022.08.10

留学したいけど長期間の休みが取れないからできない…
自分の英語力に自信がない…
国内留学プログラムのおすすめは何?

 

このような疑問に応えます。

 

結論を先に伝えると、国内留学の中でも東京で開催されるプログラムに参加することが、上記のような悩みを抱えている人におすすめです。

 

このような疑問を、海外留学プログラムと国内留学プログラムの双方の事業責任者を担当した私の観点からお答えします。私は、オーストラリアで1年、フィリピンで1年の海外生活経験があります。

 

これまでの知識と経験から、この記事では次のようなことを説明していきます。

・どんな人に国内留学がおすすめ?

・国内留学のメリット

・国内留学プログラム(都内で実施されているもの)

・国内留学と海外留学の違い

・まとめ

 

この記事を読むことで、東京で行われるプログラムの料金や特徴を見比べることができます。その中から自分にとって最適なプログラムが見つかることでしょう。ぜひ読み進めてください。

 

どんな人に国内留学がおすすめ?

まずは、国内留学がどんな人におすすめなのか、4つの観点から説明していきます。

 

勉強や部活や仕事が忙しくて海外留学できない人

学生は日々の授業や部活・サークルなどの課外活動、社会人は仕事で忙しく、留学をしたいと思ってもなかなかまとまった時間を取れない人も多いのではないでしょうか。

 

留学のタイミングを考えると、学生の場合は春休みや夏休みなどの長期休暇、社会人の場合は有給休暇や夏休みと限られた時期が狙い目となります。

 

そこで、忙しくて限られた時間の中で留学をしたい人にとっておすすめなのが国内留学となります。

国内留学は短期間で効率的に学習できることが魅力のひとつです。日単位から月単位が一般的な国内留学の期間となりますので、忙しい学生や社会人にはぴったりだといえます。

 

いつか留学をしたいと思っている人

今、この記事を読んでいる人の中にはいつか留学したいと思っている人もいるはずです。

 

ただ、留学したいと思っていても、そもそもどこの国がいいのか、どれくらいの費用がかかるのか、どの機関から申し込めばいいのか、やっぱり留学は怖いなどいろいろと悩みもあるのではないでしょうか。

 

留学したくてもあれこれ考えて行動に踏み出せてない人におすすめなのが、国内留学です。国内留学は、国内で完結するので海外留学と比較すると費用も安く抑えられますし、治安も安定しています。また、国内という心理的安全性が一定以上保たれていることからもはじめて留学する人にとっても適しているといえます。

 

国内で気軽に国際交流してみたい人

国内留学では、留学先の観光地やバーなどで外国人と遭遇する機会が多いです。つまり、国内にいながら気軽に国際交流することが可能です。

 

国際交流を積極的にしてみたいという人は海外留学だけでなく、国内留学も選択肢として余地があるわけです。しかも国内留学であれば、飛行機代やパスポート申請の手続きなど海外留学では必要なことも準備は不要なので、より気軽に国際交流ができます。

 

国際交流をより身近に気軽にしてみたいという人は国内留学が最適だといえます。

 

自分の英語力を試してみたい人

国内留学でも自分の英語力を試すことは十分可能です。なぜなら、国内留学のプログラムによっては期間中英語しか話せない環境に飛び込むことができるため、自分の英語力を頼りに生活することができるからです。

 

自分の英語力がどのくらい通用するのか、わざわざ海外に行かずとも国内の環境下で試すことができるわけです。もちろん、試すだけでなく、日々の会話の中で英語力を磨くことも可能です。

 

自分の英語力を本格的な環境下で試してみたいという人にも国内留学はおすすめといえます。

 

国内留学のメリット

前の章では、国内留学がおすすめな人を紹介しました。ここでは、国内留学のメリットを7つ紹介していきます。

短期〜長期プログラムがある

国内留学は1泊2日の短期プログラムから、海外留学同様、1週間単位で好きな期間を選択できます。プログラムに関してもホテルや専用寮等に滞在する合宿型の英語学習プログラムの用意もあり、自分の好みに応じてカスタマイズすることができます。

 

夏休みや春休みの長期休養を利用しての留学でも、週末のプチ留学でも自分の都合や目的に合わせて柔軟に学習スタイルを選ぶことができるのは国内留学ならではのメリットといえるでしょう。

 

費用を抑えられる

海外留学の場合は、往復航空券やホームステイ、語学学校や保険、観光にかかる費用などで、短期留学でも最低10万円はかかることが想定されます。

 

さらに3ヵ月から1年の留学ともなると、国や暮らし方など個人差はあるものの、100万円以上の資金がかかることが予想されます。

 

一方で、国内留学の場合、かかる費用は主に交通費、宿泊費の費用だけです。

 

そのため、半日や1日などの通学型や、1泊2日などの短期間の国内留学は、かなりリーズナブルになります。

 

安心・安全な環境

安心面でいうと、海外で病気になったときは、病状を理解してもらえるか、薬は合うのか、治療費は保険で全部対応できるのかと不安が募りやすいです。

 

こういったとき、国内留学ならば、日本の健康保険はそのまま適用できますし、治療面や言語にも不安を感じることは少ないでしょう。

 

安全面でいうと、海外留学の場合は、国によって治安のあまりよくない土地もありますし、観光客というだけでスリや置き引きの被害にあう可能性があります。

 

しかし、国内留学ならば、場所は日本なので、海外に比べれば事件や犯罪に巻き込まれる可能性は少ないです。また、なにかあっても日本語が通じるという安心感があります。

 

英語漬けの環境が得られる

国内留学に参加する大きなメリットの一つが、国内にいながらにして英語漬けの環境に浸ることができるという点です。

 

日本で暮らしているとなかなか日本語を話さずに生活するのは難しいですが、国内留学であれば海外まで行かなくても気軽に海外留学と同様の環境を作ることができます。

 

プログラムによっては、期間中は日本語が禁止なので、英語を話さざるをえない状況下に身を置けます。英語で考えて英語で発信するトレーニングをより効率的に行うことができるのです。

 

英語力に自信がなくてもチャレンジしやすい

本場の海外留学で、自分の英語が全く通じないとなると、日常生活にも支障をきたすかもしれませんが、国内留学ならば、お試し感覚で挑戦することが可能です。

 

短期間でも日本語禁止の環境で、英語漬けになれるので、リスニング力やスピーキング力がアップできるからです。

 

国内留学で、自分の英語の未熟さを痛感したという方もいますが、それが、今後の英語学習に磨きをかける原動力になることができます。

 

英語学習仲間と知り合える

国内留学では、1日の大半を他の参加者と一緒に過ごす形となるため、必然的に参加者同士の中も深まります。

 

自分と同じように英語を学ぶ仲間と出会うことでたくさんの刺激を受けられますし、終了後も交流が続くこともよくあります。

海外留学の準備として最適

国内留学では、ちょっぴり海外の生活を垣間見ることもできます。

 

留学をするか迷っている方は、その後、海外留学を本気でするかどうかの判断にも役立ちます。

 

東京で実施されている国内留学プログラム

この章では、東京で実施されている国内留学プログラム10選をご紹介します。

 

スパトレ

スパトレは、週末を利用した2泊3日の短期集中型のプログラムで、東京と京都にある3カ所のホテルにて隔週開催しています。

 

レッスンは滞在ホテルの自室でオンライン提供となります。教材に関しては、事前の初回実力診断テストをもとに、ご自身の目標やレベルを細かく分析し、テスト結果をもとに学校側で教材を選定します。

 

ホテル滞在型の国内英語留学ですが、英語の学習以外にも本プラン参加者同⼠の交流ができるので、今後の学習モチベーション向上にも繋がります。

 

主な対象 誰でも可
期間 2泊3日
場所 NOHGA HOTEL UENO TOKYO
アクセス JR「上野」駅 徒歩5分
プラン例 1名1室 38,000円(税込)
内訳 授業料

教材費(目的・レベルに合ったものを最大1冊)

※食事は各自で用意

URL https://sptr.jp/?maf=2409_2539040.32185.0..1821747989.1660087833

 

イングリッシュブートキャンプ

イングリッシュブートキャンプは、2日間(20時間)の英語強制環境における徹底的なトレーニングで『英語に自信を持って喋れる』に到達する、アウトプットに特化した超短期集中型の英会話スクールです。

 

徹底した『英語漬け環境』と『大手60社以上に研修を提供している専門家が「実戦で使える英語」を目指して設計し、8年以上をかけて研究を重ねたプログラム』により、英語への苦手意識を取り払い、自信を持って英語を話せるようになります。

 

主な対象 18歳以上、社会人経験有

最低限の英語の知識、TOEIC300点程度

期間 2日間
場所 イングリッシュブートキャンプ二子玉川ベース
アクセス 二子玉川駅徒歩5分
プラン例 短期集中2日間コース(20時間レッスン)98,000円 (税込 107,800円)
内訳 2日間(20時間)英会話レッスン

レッスン教材費

食事3回(1日目昼食・夕食/2日目昼食)

※平日割引あり(3,000円引)

URL https://english-bootcamp.com/?a8=F0XOk0SshCY3v.3zpA2zqUMVRC182CtZLAY0msYzWzcshCX0HCLFf.Yw2C1uJuL2mzn.VrXDN0XOBs00000018876001

 

Global Dive

Global Diveは、日本の有名観光地にあるホテル・旅館で住み込みで働く「ワーキングホリデー(リゾートバイト)」ができる大手留学エージェントです。

 

家賃・食費・光熱費・交通費が無料で、滞在中の費用が抑えられるのも人気の理由で、代行手数料なども0円です。

さらにGlobal Diveでは留学経験を活かした「旅人採用」も行っており、留学後、英語を使った仕事に就く夢をサポートしてくれます。

 

主な対象
期間 留学する国、留学する期間によって変動
場所 バイト先によるが、外国人観光客が多い観光地
アクセス
プラン例 リゾートバイト
内訳
URL https://global-dive.jp/about/

 

Lily English Center

Lily English Centerは、関東エリア+沖縄でマンツーマン英会話レッスンを提供しています。

 

親子留学や学生留学などとコースも分かれています。例えば、社会人コースでは主に週末にホームステイが組まれます。ほとんどの場合ホストマザーが英会話講師として活躍されている方で、ホームステイ中は英会話レッスンもあります。

 

主な対象 社会人、学生、親子、子供
期間 半日から3泊4日
場所 ホームステイ先による
アクセス
プラン例 学生留学

3泊4日 55,000円〜

内訳 英会話レッスン3時間 

9食など

URL https://lily-ec.jp/homestay/

 

デイリーコール

デイリーコールは、短期間の国内留学・ホームステイができる国内留学サービスで、週末を利用した1泊2日の英語漬け体験ができます。

 

学校の一時休学や会社の有給休暇を取らずに、休日を使って気軽に参加しやすいのが特徴です。

 

2種類のホームステイプランがあり、1泊2日の2食付きか、ホームステイ前に5日間ホストファミリーと電話で英会話レッスン(”デイリーコール”)が受けられます。

 

主な対象
期間 半日〜1泊2日
場所 宿泊者のみ伝えられる
アクセス
プラン例 1泊2日

15,000円(税別)

内訳 2食付
URL https://www.d-call.jp/

 

 

ISI国際学院

対象は小学生から高校生までで、全く英語に触れたことがないお子さんでも、土日を使って英語を使って楽しみながら勉強することができます。

 

プログラムの期間は、半日から1泊2日となっているので、はじめての英語交流でも、親御さんも安心してお子さんを送り出すことができます。

 

はじめての英語体験にはおすすめの場所だといえます。

 

主な対象 中学生、高校生、小学4~6年生
期間 半日〜1泊2日
場所 TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)
アクセス ゆりかもめ「テレコムセンター駅」下車、徒歩4分。

りんかい線「東京テレポート」駅下車後、都営バスに乗り換えて「東京港湾合同庁舎前」下車すぐ。

プラン例 TOKYO GLOBAL GATEWAY
9,800円(税込)
内訳 英語レッスン料(教材費、アクティビティ代 含)

TGG入館料

スタッフ同行費用

URL https://www.isi-ryugaku.com/kokunai

 

エンハンスランゲージセンター

エンハンス・ランゲージ・センターは大阪と東京のホテルを拠点にネイティブ講師による語学研修です。

 

特徴は一人ひとりに作られるカリキュラムです。例えば、イギリスに赴任する方には、イギリスの文化や働き方をテーマにレッスンを行います。レッスンは少人数もしくはマンツーマンとなってます。

滞在は個室、シェフによる1日3回の食事付きなど、高級感のある国内留学プログラムで、1週間は英語学習だけに集中したいという大人におすすめといえます。

 

主な対象
期間 日帰り、1泊2日、1週間
場所 晴海グランドホテル
アクセス 都営地下鉄大江戸線「勝どき駅」A3b出口より 徒歩7分
プラン例 1週間コース
※料金は要問い合わせ
内訳 宿泊代(ホテルの個室)

1日約7.5時間のレッスン

1日3食

URL http://www.jpelc.jp/

 

アルプロス

アルプロスは、海外の語学学校のようなプログラムが特徴です。基礎総合英語コースでは月~金まで毎日通い、1ヶ月のレッスンは90時間に達します。

 

文法、語彙、会話、読解、作文、ディベートなどバランスの取れたカリキュラムです。各教科担任制なので、講師が一人ひとりの成長をしっかり見てくれます。

 

主な対象 中高生、大学生、社会人
期間 1泊2日〜
場所 東京都新宿区(2校舎)
アクセス 東京駅から電車で約20分

羽田空港から電車で約40分

プラン例 1ヶ月集中プログラム スランダード
¥400,000¥440,000(税込)
内訳 50分レッスンx1日5コマx週5日

※別途でかかるもの
学習サポート費 (受講終了後3か月間の学習サポート): 22,000円

教材費: 11,000円~16,500円

URL https://www.alpros.co.jp/

 

テンプル大学

テンプル大学は、アメリカで4万人の学生数を誇ります。その日本キャンパスが東京にあり、学位過程を中心に多様なプログラムを提供しています。国内留学にオススメなのは「アカデミック・イングリッシュ・プログラム(AEP)」です。

 

英語圏の大学や大学院で求められる英語力を身につけるためのプログラムです。授業内容は、アカデミックライティング、ディスカッション、プレゼンなど多岐にわたり、1クラス(週6時間)から選択受講が可能です。

 

日常英語とアカデミックな英語を鍛えることが期待できます。

 

主な対象 小学生〜社会人
期間 2日間〜
場所 TUJのキャンパス、オンライン
アクセス 東急田園都市線「三軒茶屋」駅から徒歩
プラン例 AEP昼間講座
¥166,600〜
内訳 週6時間の授業x11週間

※宿泊や食事は付いていません。

URL https://www.tuj.ac.jp/jp

 

ECC全日制英会話専科

全日制英語専科は、世界の人々と対等に渡り合える「英語力」と「人間力を徹底的に身につけるコースです。大学国際系学部での4年分を超える760時間の英語学習量をたった1年に凝縮し、英語の基本4技能「聞く・話す・読む・書く」、「発信力」「瞬発力」「論理的思考力を身につけることに特化した独自のカリキュラムとなっています。

 

日本にいながら、徹底的な英語漬け環境に身を置くことで、英語スキルを飛躍的に伸ばすことが可能です。

 

東京、横浜、名古屋、大阪など全国各地で開講しています。

 

主な対象
期間 1ターム〜
場所 東京はECC新宿本校、銀座校
アクセス ECC新宿本校:
西武新宿駅、大江戸線新宿西口駅より徒歩3分。
銀座校:
東京メトロ銀座線A3・A4出口から徒歩
プラン例 グローバルコミュニケーション集中コース
土曜 or 日曜 
入学金:22,000円(税込)
授業料:1ターム受講 195,600円(税込)
内訳 週1回4時間(1ターム10回)
URL https://www.ecc.jp/

 

国内留学と海外留学の違い

この章では、国内留学と海外留学の違いについて3つのポイントから紹介します。

 

国内留学のほうが費用が安い

国内留学において、海外留学のように、パスポートや高額な航空券、海外旅行保険、ビザ(査証)、国際運転免許証等は特に必要ありません。

 

そのため、国内留学では海外留学よりも費用を大幅に抑えて、気軽に参加できることが可能です。

 

国内留学のほうが治安の面で安心

海外留学では、国によって治安のあまりよくない土地もありますし、観光客というだけでスリや置き引きの被害にあうケースが国内に比べると多いです。

 

一方で、国内留学は日本国内で行われるということもあり、そのような不安を軽減することができます。また、基本的に治安のよいリゾートエリアを中心にプログラムが開催されているので、安心して参加することができるといえます。

 

国内留学のほうが気軽に行ける

 

国内留学は海外留学よりも気軽に行けるといえます。国内留学の流れ自体は、海外留学の場合と似ており、現地到着後のプレースメントテストを経てレベル分けを行い、個々に合ったレベル・クラス・教材でレッスンが提供されることが多いです。

 

しかし、現地までの交通費や海外渡航時に必要な諸々の手続きは不要となるので、同じ流れでも参加ハードルは極めて低いといえるでしょう。

 

留学経験がはじめての人にとっては国内留学はお試し感覚でも適しているといえます。

 

まとめ

国内留学の東京でのプログラムは、期間や場所の面で忙しい学生にぴったり

国内留学は長期期間の休暇を使って海外留学に行くことが難しい忙しい学生にとってぴったりだといえますし、国内であれば移動に時間もかからないので気軽に参加できるといえるでしょう。

 

特に、都内のプログラムであれば、移動もより一層コンパクトにおさまりますし、首都圏に在住であれば、環境の変化に戸惑うことも少ないかと思います。

 

忙しい学生は国内留学でも都内で実施されるプログラムを考えてみるのがおすすめです。

 

国内留学を東京以外でしたい方には、U-GAKUがおすすめ

国内留学の中でも東京で開催されるプログラムを紹介してきましたが、国内留学をするのであれば、東京以外で参加したいという人もいることでしょう。

そういう人たちにおすすめなのが、U-GAKUです。

 

U-GAKUは、北海道のニセコと沖縄の北谷を拠点に実施している国内留学プログラムです。

プログラム期間中は、授業以外にも24時間英語漬けの環境が整っています。それは、北谷とニセコの街中では、カフェなどで頻繁に英語が飛び交っており、日常生活自体がまるで外国にいるかのような環境そのものだからです。そのため、授業以外でも自然と英語を身につけることができるといえます。

 

また、U-GAKUでは自分に合った方法で英語力を向上させることができます。留学前にテストがあり、そこで自分の課題ポイントを把握した上で、留学に臨むことができるからです。

 

英語学習の成果が上がるだけではなく、リゾート地での留学になるので、アクティビティも盛んです。例えば、北谷であればマリンスポーツ、ニセコではスキーを堪能することができます。学習以外にも様々な体験ができるのも特徴のひとつといえます。

 

U-GAKUに興味のある方、詳しく知りたい方は以下のサイトよりご覧ください。